Menu ▼



メニュー

デート中、お腹が空いた時の「魔法の一言」

女性は、デート中でも、お腹が空けば、素直に口にするものです。

基本的に、女性は自分の体で感じたことを口にする生き物です。


昔から、男の脳は、「本能3割、理性7割」が占め、女性の脳は、「本能7割、理性3割」が占められているからです。女性は、子ども生んで育てるという本能があり、子どもが危険な目に遭いそうになると、自分の命も顧みずに助ける行動に出ますが、これなどは、理性の働きでできるものではなく、本能の衝動に駆られてとっさに出る行動です。

これらの行動ひとつを見ても、女性の本能のほうが男の本能の働きより強いことが分かると思います。

ベッドでの最中でも、女性は自然と声を出して喜びを表現しますが、男は理性が強いため、あまり口には出しません。



男はデート中、腹が減っても声に出しては言わない


少し話がそれましたが、男というのは、「腹が減った」などとは、女性の前で声に出して言わないもので、空腹になったら、いったんそれを頭の中で考えます。

もし、あなたの彼が、デート中にあなたより先に「腹が減った」などと言うのなら、その男性は本能的な欲望がかなり強く、我慢のできない人間です。つまり理性的ではないということです。

ふつうの男性は「腹減ったな、さてどうしようか」と思ったときには、それを彼女に言ってもいい状況なのか判断してから言葉を口にします。特に、このような本能的なことに関してはそうで、状況によっては口より先に行動に移そうとするのです。


女性のことを気遣って食べる場所を探している


ですから、女性がデート中に「お腹が空いたよー」としつこく言われると疲れるのです。

あなたが、空腹になっていることは、あなたと同じ時間を過ごしている彼だって知っているわけですから、そのときには、彼は黙々と、あなたのためにどこのレストランにしようかと、迷っているのです。

あなたが「お腹が空いた、何か食べたいなあ」と騒ぎ出したときに、彼が急にびっくりするようなことはないはずです。

もう、心の準備ができているからです。それを察して、静かにしているのが、いい女であり、可愛い女性でもあるのです。

女性が「何でもいいよ」というだけで彼の気持ちは楽になる


彼はレストランを探しているのでしょうが、予約していないと人気のレストランには入れないし、安くて美味しいレストランには行列ができているしで、いろいろと迷っているはずです。そんなときに、あなたがフォローしてあげるといいのです。

「私は何でもいいよ」とか「並んでもいいよ」と一言いうだけで、彼の気持ちは楽になります。どんなにつき合いが長くても、彼女を行列に並ばせたり、不味い店に連れて行くのは嫌なものです。まして、つき合いが浅いとなおさら苦心します。

一言、「食べれるところだったら、どこでも良いよ、何でも食べられるから」といってあげましょう。





愛される女性(48記事)
恋愛を急ぐより、可愛い女になることが先決だ
遅刻した時は、言い訳よりも「表情」が大切
携帯電話は彼の心を縛る凶器にもなる
デート中、お腹が空いた時の「魔法の一言」
デート中の食事で大切なのは、上品さと笑顔
男の「財布の中身」を気にするのも女性のマナー
ケンカした後、プライドを捨てての奉仕作戦も大切
黙って許していい嘘、許してはいけない嘘
彼の気持ちが遠ざかったら二人の時間を取り戻そう
彼の浮気をやめさせる特効薬とは


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP