Menu ▼



メニュー

家庭的なかわいい自然な気配りは男心をグラッとさせる

あなたは彼にお弁当を作ってあげたことがありますか。

それとも、あなたは自分の弁当を作って、お昼休みに食べていますか。

もし、あなたに弁当を作ってあげるほどの彼がいないなら、まずは、自分のための弁当を作って会社に持っていくといいでしょう。
それだけで、あなたのポイントはぐっと高くなるはず
です。

「ほう、あいつ、弁当作れるのか」
「節約しているんだ、偉いな」
という評価になるのです。



女性は自然体でいれば、自然に可愛さが出てしまう


女性は、女らしさを無理に出す必要なく、自然体にしていれば、女性の可愛さは自然と出てくるのです。なのに、

「家庭的が、どうして女らしいの、そんな時代じゃないでしょ」などと男女同権に考えていたり言ったりしている女性は、いい男が捕まらないし、いい男も寄り付かないのです。ズバリ女性としてのかわい気がないからです。


今の男は女性の可愛らしさに飢えている


今の男は、女らしさに飢えているのです。どこを見ても、女か男か分からないような女性が増え、喋る言葉には上品さのかけらもないのです。だから、男はかわいい女性に飢えているのです。

難しい理屈なんかいらないし、女性として当たり前に振る舞えていれば、それだけでいいのです。でも、それだけのことができている女性がいなくなってしまったのです。

別に会社に持っていくのは弁当でなくてもいいのです。
裁縫セットだっていいのです。
彼の好きな飲み物を水筒に入れて持っていくだけでいいのです。

ちょっとした気配りのできるものを持っているだけでいい


男が持ち歩いていないハンカチ、ティッシュ、バンドエイドなど、外であると便利なものはいくらでもあります。

どこへ出かけるときにも、この三点セットは常にカバンにはいっていると、いざというときにさっと取り出すことができます。ハンカチはもちろん可愛くてきれいなもの。ティッシュはケースに入っているとより清潔感をアピールできるはずです。

それらを女性がそっと持っていて、何かの機会に出してくれると、よく気の利く、家庭的な女性だと思ってしまいます。

ウエットティッシュまで持っているとなんと先回りのできた人だと感心するでしょう。

とくに、色気やルックスに自信がない女性は、男が絶対しないような家庭的な気配りで勝負するといいのです。
男が絶対しないこと、できないこと。
それを女性が見せると、男にとっては、かわいい気配りになるのです。







愛される可愛い女性に恋の女神は微笑む
女に生まれたことに誇りが持てる女性は愛される
腰掛けOLこそ女性としての誇りを持つべきです
美人でもブサイクでも出会いは公平にやってくる
女性は仕事するためではなく愛されるために生まれてきたのです
恋愛を急ぐより、可愛い女になることが先決だ
遅刻した時は、言い訳よりも「表情」が大切
携帯電話は彼の心を縛る凶器にもなる
デート中、お腹が空いた時の「魔法の一言」
デート中の食事で大切なのは、上品さと笑顔
男の「財布の中身」を気にするのも女性のマナー
ケンカした後、プライドを捨てての奉仕作戦も大切
黙って許していい嘘、許してはいけない嘘
彼の気持ちが遠ざかったら二人の時間を取り戻そう
彼の浮気をやめさせる特効薬とは
無邪気でさり気ないスキンシップに「いい男」は弱い
「好き」とストレートに言えない女性はどうすればいいの
あなたの笑顔は、すべての男性を癒すエネルギーです
家庭的なかわいい自然な気配りは男心をグラッとさせる
男は、一家言を持っている女性に真剣になる
家族の話を気軽に話せる女性を、男は幸せにしたいと思う
「いい子」が「もっといい女」に変身するには、色気がいる
男と女は性の関係で繋がっていることを理解しておこう
男は意外にもメガネ美人のギャップに弱い






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP