Menu ▼



メニュー

■ 男に愛され続けるには「見た目」の美しさにこだわろう

女性の魅力は何といっても、生まれながらに備わった「美しさ」でしょう。

険しい表情で、男顔負けの仕事をこなす女性や、男のような体で肉体労働をしている女性を、「どうしても好きだ」という男は、あまりいません。



この世の中で、女性が幸せになるために、一番真っ先にしなければならないことは、生まれ持った美しさを磨くことと、いつまでも若々しさを持続することです。

男は女性の教養や学歴などにはほとんど興味はありませんが、美しい女性には吸い込まれるように本能的に惹かれてしまうように創られているのです。

男と女の恋愛事情を観察すればすぐに分かるように、女性に限って言えば、美人に生まれてきたのと、ブサイクに生まれてきたのでは、天地の差があります。

なにせ、周囲のすべての男性を虜にすることができ、恋愛も思うようにできるからです。

ここでは、美人がなぜモテるのかを検証してみましょう。

顔が美しいことは、生きることだけを考えれば、まったく無駄というか必要ないものです。美人でなくても仕事はできるし、勉強すればどこの大学だって入学できます。

それでも、男性は美しさを好み、その美しさを獲得するために必死に努力するのです。
こうなると、顔が美しい、キレイということは、無駄と言えないところがあります。

もし、無駄なら、どうして男たちは美人を追いかけるのでしょう。

美人でなくても子どもを産むことができるのですから、男性が選り好みしなければ、子孫繁栄にもつながるはずですが、それでも美人を選り好みしたほうが子孫繁栄には圧倒的に有利であったことは間違いありません。

たとえそれが生きるためにまったく無駄で役に立たないものであったとしても、です。



人間や植物も含めて、ほとんどすべての生き物が、美という無駄なものを獲得しようとして生きていることが、その何よりの証拠です。これは事実であり、美を目指すことが子孫繁栄に有利だからこそ、いま私たちが美を好むのです。

孔雀の尾にしても、自分の尾を広げてアピールしますが、これもほかの孔雀よりも大きくて美しくないとメスと交尾することはできません。あの尾だって生きていくうえでは何の役にも立たないし、かえって敵に襲われた場合、邪魔になるだけです。ですが、命の危険よりもモテるために美のほうを選んでいるのです。

人間も同じで、これは遺伝子のDNAに強烈に刻みこまれていますので、美人のほうがモテるのは仕方ないことです。

ですから、女性は見た目だけでも美しくなるように自分磨きをすることが大切で、その美しさをさらに維持するために、若々しさを失わないことです。

そのためには、睡眠をたっぷり取ることと、いつもポジティブな気持ちで行動することです。もちろん、これだけで美しくなるわけではありませんが、若さを保てます。瑞々しい若さは美しさにも匹敵するものです。







 死ぬまで愛される女性を目指そう
男がそばにいたくなる女性になろう
女性が一歩控えればすべては調和する
夫の悪口を言うような妻になるな
女性は自分の売り時を知っておこう
35歳を過ぎても結婚できると錯覚するな
夫婦は平等ではないのが天地の理
女性が輝けば、それに見合った男が惹き付けられる
「自分の気持ちを読める女性」を男は絶対手放さない
恋の自滅は男の本質に盲目すぎる
今の女性は課題が多すぎる
あなたはどんな男と恋をしたいのか
良い恋愛と悪い恋愛
男選びは最初から慎重すぎるくらいがいい
結婚に失敗する女性の共通点とその末路
仕事を頑張りすぎる女性に幸せはこない
デートのお金など女性が払う必要などない
恋愛依存症はダメ男の餌食になってしまう
男に愛され続けるには「見た目」の美しさにこだわろう
「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない
不倫は恋の片道キップ、流れに身を任せよう
恋愛の駆け引きが通用するのはダメ男だけ



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP