Menu ▼



メニュー

無邪気でさり気ないスキンシップに「いい男」は弱い

女性の体は、男にとっては女神であり、一人ひとりがまったく違う美しいガラスのような芸術品なのです。

ですから、女性から無邪気でさり気ないスキンシップをされると、男は誰でもドキッとしてしまうことがあります。



少しドキッとさせるスキンシップに男は弱い


後ろから、そっと抱きしめるだけで、その違いに驚き、そしてときめくものです。
ですから、あなたの彼に彼女がいて、それでも彼を猛烈に好きだと思っているのなら、彼の体に触れればいいのです。

彼はあなたを今の彼女とは全く違う女性だと思うはずです。具体的には、肌の弾力も違えば、肩幅も、胸の大きさも、手の柔らかさも、足の形も、髪型も、何かも違うのです。

男は、自分の女と違う女性に触れた瞬間に崩れます。愛もモラルもすべてを忘却し。目の前の女を抱きたいと思ってしまいます。
というわけで、ターゲットの男に彼女がいても、スキンシップは効果的なのです。


もし、彼に彼女がいなかったら、どうなるのだろう。
試しに、好きな男性と1週間ぐらい会わないようにしてみよう。久しぶりに会ったときに「きゃー、久しぶり」とわざとはしゃいで、胸に擦り寄ってみます。胸でも触れれば、男は絶対にあなたのいろんなことを想像はします。これで効果がなければ、よほど、あなたが女として見られていないのでしょう。

そんなことをしても、1回限りの関係で終わってしまうのが怖いと思うかもしれませんが、それは、あなたの今後の努力次第でしょう。
もちろん、もっと上品なスキンシップのやり方もあります。


上品なスキンシップで迫ると男は弱い


★ 自然さを重視するなら、背中や肩などについたほこりやゴミを取ってあげる。テクニックを使うなら、ほこりがあろうとなかろうと、取ってあげるふりをすればいいのです。
★ ネクタイが曲がっていたら、直してあげる。
★ 前を歩いていたら、声をかけて、そのときに腕を組む。
★ 飲み会では隣に座って、お酌から何から世話をする。

男に触れるのは勇気がいりますが、こんな有効な手段はほかにはありません。ネクタイを直してあげたり、服の汚れを拭いてあげたりするだけで、その男性に気持ちを伝えることができるからです。


こんなスキンシップはダメ


誰にでも、ボディタッチをしすぎると、尻軽女に見られるので、注意が必要です。それと下半身へのボディタッチもダメです。男はすぐにその気になるでしょうが、遊び相手としか思われません。







愛される可愛い女性に恋の女神は微笑む
女に生まれたことに誇りが持てる女性は愛される
腰掛けOLこそ女性としての誇りを持つべきです
美人でもブサイクでも出会いは公平にやってくる
女性は仕事するためではなく愛されるために生まれてきたのです
恋愛を急ぐより、可愛い女になることが先決だ
遅刻した時は、言い訳よりも「表情」が大切
携帯電話は彼の心を縛る凶器にもなる
デート中、お腹が空いた時の「魔法の一言」
デート中の食事で大切なのは、上品さと笑顔
男の「財布の中身」を気にするのも女性のマナー
ケンカした後、プライドを捨てての奉仕作戦も大切
黙って許していい嘘、許してはいけない嘘
彼の気持ちが遠ざかったら二人の時間を取り戻そう
彼の浮気をやめさせる特効薬とは
無邪気でさり気ないスキンシップに「いい男」は弱い
「好き」とストレートに言えない女性はどうすればいいの
あなたの笑顔は、すべての男性を癒すエネルギーです
家庭的なかわいい自然な気配りは男心をグラッとさせる
男は、一家言を持っている女性に真剣になる
家族の話を気軽に話せる女性を、男は幸せにしたいと思う
「いい子」が「もっといい女」に変身するには、色気がいる
男と女は性の関係で繋がっていることを理解しておこう
男は意外にもメガネ美人のギャップに弱い






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP