Menu ▼



メニュー

男は、一家言を持っている女性に真剣になる

最近の女性は、会話に幅がなく、言葉にも深みがなく、パターン化した会話しかできなくなっているように思えます。

会話に幅のない女性というのは、あなたの周囲にもたくさんいるでしょうが、あなたは周囲から話のつまらない女性だと思われていないでしょうか。

話していて楽しくないという女性は、いろいろなところにいるのに、彼女たちにその自覚がないのです。



一家言を持っていない女性は深みがない


会話の内容に深みがない女性だと男が感じるのは、話題の内容の大半を愚痴や悪口で占めているとか、話の内容はダラダラしすぎて「何の話がしたいのかが分からない」タイプの女性です。

こういう女性の話は、世間話を取りとめもなくしているだけで、自分の考えや自分の信念をひとつも語っていないことです。

男からすると、何かひとつでもいいから、一家言をもってほしいものですが、それがないのです。

自分の考えを持っていない女性は本を読んでいない


原因は、本を読まないことのようで、良質な本を読んで、自分なりに何かを思い、何かを考え、それを自分の言葉に翻訳する能力が欠けているのです。本を読んで考え、自分の言葉にすることで、言葉は増えてくるし、考える思考能力も育ってくるのです。

毎日会っている家族や友だちでは、ほとんど同じ話しかしないし、そこで使われている単語もせいぜい300語ぐらいで構成されているだけですので、頭がよくなるはずもありません。そこで、本を読むことが大切になってくるのです。

別に小難しい文学を無理に読む必要などありませんが、最近の売れ筋の本とか人気のある本の名前すら知らない人が多すぎます。本を読むのが好きでないのなら、せめて新聞記事に目を通すぐらいは必要です。


他愛のない話しかできない女性は結婚対象にならない


男という生き物は、他愛のない話しかできない女性とは遊びではつき合いますが、結婚の対象にはしません。男は、性的関係の女と結婚する女を厳格に区別しているものです。抱かれたら、結婚できると思うのは、大ケガの元です。

ですが、しっかりした言葉、つまり一家言を持っている女性には、愛情や尊敬が生まれ、体だけの対象ではなくなるのです。そういう女性がポイ捨てされることは滅多にありません。

しかし、絶対にないと言えないこともあります。いくらあなたが本を読んで教養や知識があり、しっかりした言葉を身につけていても、相手の男がクルマの改造とか、性の話しかできないようなアホだったら、どんな女性を見ても、性の対象にしか考えないからです。

男は自分の言葉で語れる女性、あるいは一家言持っている女性を素敵だと思って、結婚を真剣に考えるようになるものです。





愛される女性(48記事)
無邪気でさり気ないスキンシップに「いい男」は弱い
「好き」と言えない女性には愛される言葉がある
あなたの笑顔は、すべての男性を癒すエネルギーです
家庭的なかわいい自然な気配りは男心をグラッとさせる
男は、一家言を持っている女性に真剣になる
家族の話を気軽に話せる女性を、男は幸せにしたいと思う
「いい子」が「もっといい女」に変身するには、色気がいる
男と女は性の関係で繋がっていることを理解しておこう
男は意外にもメガネ美人のギャップに弱い
男に「軽い女」と見られたら、大切に愛される結婚はできない


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP