Menu ▼



メニュー

女に生まれたことに誇りが持てる女性は愛される

女性に、次に生まれてくるときには「男に生まれたい、それとも女に生まれたい?」とたずねると、多くの女性は「次に生まれ変わったら男になりたい」と平気で言うそうです。

男は、彼女を本当に愛していたら、生まれ変わっても結婚して一緒になりたいと思うものですが、そういう彼女が「次は男に生まれたい」と言えば、あまりにも悲しくなります。これを聞いただけで恋心が急に凍てついてしまうでしょう。

女性の自尊心や女性としての誇りはどこへ行ったのでしょう。



女性が「次は男に生まれたい」という理由とは


女性としての言い分は
★ 結婚とか出産などで制約されず、自分の道を思ったように進める。
★ 女の世界のようにドロドロしていないし、嫁姑の関係にイライラする必要もない。

★ 浮気をしても離婚をしても、それほど社会的に不利な状況にはならない。男は結婚や離婚することによって、さほど生活や仕事に支障はなく影響をもたらさない。
★ 結婚しないで独身を貫き通すなら男の方が生きやすいし、牛丼屋だって居酒屋でもひとりで堂々と入れる。

現在は、男女平等とはいえ、まだまだ日本は男社会なので、仕事で認められたい女性にとっては女であることが障害になり、この先結婚をしない人生ならば男の方が生きやすいということでしょう。


男になりたいという女性には輝きがない


でも、「男になりたい」なんて言っている女性には輝きがありません。その言葉を口にする時点で、もう女らしさが欠落しているのです。
かつて山口百恵さんがラストコンサートのステージで、こんなことを言われたそうです。

「あたしは、女という字が好きです。ずっと女でありたい」
山口百恵が永遠に輝いているのは、彼女が生粋の女だからに他なりません。

もし、あなたの彼が、「生まれ変わったら女になりたい」などと言ったらどうでしょう。

気持ちが悪いと思いませんか。女が男になりたいというのと同じです。


女性であることに誇りが持てる人こそ美しい


たしかに、まだまだ、世の中が男社会で、女性が男に憧れる部分はあるでしょう。
ですが、そんな中で、女である自分に自尊心をもって生きている女性こそが、美しく、純粋な女性なのです。

ですから、男になりたいなどと思わずに、まずは、もっと自分自身を磨いて欲しい。

女性であることに誇りを持って欲しい。

女に生まれて幸せと思っている女性と、男に生まれたことを誇りに思っている男性が出会ったときに、初めて男と女の純粋な恋が始まるのです。








愛される可愛い女性に恋の女神は微笑む
女に生まれたことに誇りが持てる女性は愛される
腰掛けOLこそ女性としての誇りを持つべきです
美人でもブサイクでも出会いは公平にやってくる
女性は仕事するためではなく愛されるために生まれてきたのです
恋愛を急ぐより、可愛い女になることが先決だ
遅刻した時は、言い訳よりも「表情」が大切
携帯電話は彼の心を縛る凶器にもなる
デート中、お腹が空いた時の「魔法の一言」
デート中の食事で大切なのは、上品さと笑顔
男の「財布の中身」を気にするのも女性のマナー
ケンカした後、プライドを捨てての奉仕作戦も大切
黙って許していい嘘、許してはいけない嘘
彼の気持ちが遠ざかったら二人の時間を取り戻そう
彼の浮気をやめさせる特効薬とは
無邪気でさり気ないスキンシップに「いい男」は弱い
「好き」とストレートに言えない女性はどうすればいいの
あなたの笑顔は、すべての男性を癒すエネルギーです
家庭的なかわいい自然な気配りは男心をグラッとさせる
男は、一家言を持っている女性に真剣になる
家族の話を気軽に話せる女性を、男は幸せにしたいと思う
「いい子」が「もっといい女」に変身するには、色気がいる
男と女は性の関係で繋がっていることを理解しておこう
男は意外にもメガネ美人のギャップに弱い






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP