Menu ▼



メニュー

女性は自分の売り時を知っておこう

女性の不幸は、自分で自分の一番美味しい食べごろを知らないことです。

本当はそれを知る簡単な方法があるのです。

それは、あなたが20歳前後で、若い男性があの手この手を使って、あなたに言い寄ってきているときなのです。

そのときは、あなたが人生で一番輝いているときであり、体も男の性的欲望をそそるだけの魅惑的なボディが備わっているときなのです。



結婚できない女性は自分の売り時を間違っていること


一流の企業や官公庁に勤めているような女性に独身女性が多いのですが、それは自分の売り時を勘違いしているからなのです。

確かに、大企業に何年も勤めていれば、キャリアも積んで自信を持っており、それなりの収入も得ているので、
「自分が結婚する気になれば、いつでも結婚して欲しいと言い寄ってくる男はいるわ」
「結婚なんて、焦る必要はないし、歳がいったからといって女の値打ちが下がったりしないわ」

などと思っているようですが、これが大きな勘違いなのです。

男は女性の値打ちをキャリアなどでは見ていない


男は、女性の値打ちをキャリアがあるとか、収入を得ているなどで判断することはなく、あくまで生物的に可愛くて、スタイルとか容貌がよければ良いのです。

だから、大企業に勤め30歳も超えているようなふてぶてしい女性は、結婚できないのです。

結婚には、女性の旬(しゅん)というものがあり、そのときが人生での最良の華であり、男が一番欲しがる時期でもあるのです。

ちょうど桜の花が満開になるのは、1年のうちでも1週間程度しかないように、あなたにも女性としての美しい花が咲くときがあり、それは一生に一度、それもちょっとの間しかないのです。

その時期がいつかと言えば、20歳から30歳程度までで、そのときのあなたの美しさが男の眼を釘付けにするのです。

あとはあなたにいくら教養が身についていたとしても、肉体的な女性としては、すでに衰えているのです。

男があなたと恋愛したり、結婚したい思う時期は、あなたが20歳前後で、あなたのオーラが最高に輝き、あなたから発する匂いや、男を引き寄せるフェロモンもイヤというほど出ているときなのです。

そのときこそ、結婚を決断するときです。




愛される女性(48記事)
いい男に本気で愛される女性の7つの特徴
彼氏から「ずっと愛される女性」になる8つの方法・条件
男がそばにいたくなる女性になろう
女性が一歩控えればすべては調和する
夫の悪口を言うような妻になるな
女性は自分の売り時を知っておこう
35歳を過ぎても結婚できると錯覚するな
女性が輝けば、それに見合った男が惹き付けられる
「自分の気持ちを読める女性」を男は絶対手放さない
信念があり仕事のできる男性との恋なら一生愛され続けられる
いい男を見抜く眼力を持てばいい恋愛ができる


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP