Menu ▼



メニュー

美人でもブサイクでも出会いは公平にやってくる

女性の中には、自分は美人でもないし、スタイルも良くないから、いい男と出会うのは難しいのではないかと、思い悩んでいる人がいるのではないでしょうか。「そんなことはないよ」などと慰められても、「いい加減なことは言わないで!」と怒りたくなることもあるでしょう。

男の立場について、はっきりと言いましょう。



美人はルックスの悪い女性より有利なのは間違いない


確かに、女性は美人であるとか可愛いというだけで、男の目を釘付けにすることは間違いない事実で、可愛い顔の女性は、ルックスの悪い女性よりも有利なのは否めません。

その事実は、あなたの街だけでなく、日本だけでもなく、世界中で当てはまる鉄板原則です。人類が「素晴らしい種」つまり「美人で強い子」を残して、未来に引き継ぐために、そのように創られているからです。

たとえば、テレビドラマに出演している美人女優の「綾瀬はるか」とか「上戸彩」を見たら、ほとんどの男性に愛されように、美人のほうが有利であり、誰しもが美人を求めているのは明白です。


男は美人というだけで追いかけることはしない


それでは男たちが、そういう女性に群がって、モノにするために争うような行動をしているのかと言えば、そんなことは決してありません。

顔が良かったりルックスの良い女性だけが大量に売れてしまって、ブサイクな女性だけが残ってしまうという社会現象はありません。もし、そういう事実があるなら、美人のいない村は絶滅してしまうはずですが、世界中で、そんな現象は起きていません。


なぜ、そういうことにならないのでしょうか


美人を手に入れるのは、難しいと思って、ブサイクな女性で我慢しているのでしょうか。

そうではないと思います。

ブサイクな女性でも結婚できるのは、逆に言えば、男が女性に対して妥協していないからです。

男は、いつだって美人が好きだし、スタイルの良い女性を好むもので、美人とブサイクな女性を並べて、「どちらかを選びなさい」と言われたら、百人中、百人が美人を選ぶでしょう。

結婚生活は美人やルックスのよさだけではダメ


ですが、結婚して同じ家に長く一緒に暮らすとなると、ルックスや顔の良さだけでは、ダメなのです。そこには、性格の良さとか、相性の良し悪しが、相当強く関係してくるのです。いくら美人であっても高慢な女性とは、毎日の生活が苦痛になり、一緒に生活できないのです。

ルックスが悪いと、最初は確かに不利で、出会いのチャンスも少なく、好きな男を美人に取られることもあるでしょう。ですが、性格が可愛かったら、相性の良い男は必ず現れるものです。

その出会いを逃さないために、女性はしぐさや立ち居振る舞いにかわいさがなければならないのです。





愛される女性(48記事)
良い恋愛と悪い恋愛は夜の強さと愛情でわかる
男選びは最初から慎重すぎるくらいがいい
デートのお金など女性が払う必要などない
男に愛され続けるには「見た目」の美しさにこだわろう
不倫は恋の片道キップ、流れに身を任せよう
恋愛の駆け引きが通用するのはダメ男だけ
女に生まれたことに誇りが持てる女性は愛される
腰掛けOLこそ女性としての誇りを持つべきです
美人でもブサイクでも出会いは公平にやってくる
女性は仕事するためではなく愛されるために生まれてきた


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP