Menu ▼



メニュー

「好き」と言えない女性には愛される言葉がある

女性のなかには、ストレートに好きな男性に向かって「好きです!」などといえない人もたくさんいると思いますが、そんなときには、別の言葉を代用して好きだというサインに使うしかないでしょう。

つまり、男が「え? もしかして、オレのこと好きなのかな?」と思うような取って置きの言葉です。




好きと言えないときの、男に響く言葉


愛される言葉@:「寂しいわ」


この言葉はちょっと注意が必要ですが、インパクトは相当のものでしょう。飲みに行っていて、「あたし、寂しいの」などと言われた男は、「え、抱いてほしいのかな」と大きな勘違いをするかもしれません。でも、そう言っても、彼が何の行動も起こさなかったら、間違いなく脈がないのですから、あきらめることです。


愛される言葉A:「女性の好みの服ってあります?」


髪型でも、メイクでもいいのですが、あなたの色に染まりたいという意味に聞こえて、男は何となく気づくでしょう。


愛される言葉B:「明日も一緒に食べてくれますか」


ここでは、「も」がポイントで、「も」は「ずっと」という意味に近いです。一緒にランチを食べた後の帰り際に言うと効果があります。


愛される言葉C:「それぐらいの料理なら作れます」


好きな彼に、どんな料理が好きかと聞いた後、それなら私だって作れます、と言うのです。作れなくてもいいのです。あとで練習すればいいのですから。男としては、ひょっとして、「自分の部屋に来て作ってくれるのかな」と思い、あなたを意識するようになります。


愛される言葉D:「痩せている人が好き」


彼が太っているなら「太っている人が好き」と言えばいいでしょう。好きな男の特徴を見て、その部分を好きだといえば、どんなに鈍い男でも好意をもたれていることに気づくでしょう。


愛される言葉E:「尊敬してます」


歳が離れている男に言っても、あまり効果はありませんが、歳が近いと、「オレを認めてくれているんだ」と思い、嬉しい気持ちになり、あなたを意識するようになるでしょう。

だいたい、ストレートに「好き」と言わないと気がつかないタイプは、鈍感と言うより慎重な男で、誠実さもあるでしょう。逆に、女性の言葉をすぐに自分のいいように解釈する男は、敏感というより、男の勘違いで、女性を困らすケースが多く、迷惑をかけたりすることも多いものです。
気がつかなくても、挫けずに、いろいろと試してみることです。





愛される女性(48記事)
無邪気でさり気ないスキンシップに「いい男」は弱い
「好き」と言えない女性には愛される言葉がある
あなたの笑顔は、すべての男性を癒すエネルギーです
家庭的なかわいい自然な気配りは男心をグラッとさせる
男は、一家言を持っている女性に真剣になる
家族の話を気軽に話せる女性を、男は幸せにしたいと思う
「いい子」が「もっといい女」に変身するには、色気がいる
男と女は性の関係で繋がっていることを理解しておこう
男は意外にもメガネ美人のギャップに弱い
男に「軽い女」と見られたら、大切に愛される結婚はできない


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP