Menu ▼



メニュー

腰掛けOLこそ女性としての誇りを持つべきです

女性の社会進出が増えたているとはいえ、大半の会社勤めをしている女性は、やはり「腰掛け」程度と思って仕事をしているのではないでしょうか。

たとえば、30歳までに結婚資金を貯め、それまでに彼氏を作って、寿退社をし、楽しい家庭を築きたいと思っているはずです。それは、少しも恥ずかしいことでも悪いことでもなく、女性としての正しい考え方です。どうせなら、玉の輿を狙って、腰掛けを全うすることです。

最近では、男女雇用機会均等法以後、会社での女性の待遇も良くなり、女性の働く条件は格段に良くなってきていますが、その反面、現実には、腰掛けのOLが大半であり、そこで疑問も起こります。

男は、仕事が好きであろうとなかろうと、妻子を養うために、死ぬまで働くことを余儀なくされますが、それだけに働くことで生き甲斐を得ることもできています。



女性は、家庭でしっかり子供を教育するのが仕事


しかし、女性は、そんなことは考えないし、考える必要がないように人類誕生のときから創られているのです。「あたしが、会社で出世して、旦那と子どもを養ってあげるわよ」なんて考える女性は特殊な環境下でしかありえません。

でも、今の男女雇用機会均等法は、そういうまれにしかいない女性を守るために成立したのです。そのため、かわいい奥さんになりたいという強い思いの女性にとっては、苦難の時代がやってきたのです。

つまり、「かわいい妻になって、家では夫を支え、子どもをしっかり育て教育していく」ということが否定され、「女性も社会へどんどん進出して、男と競争しながら、死ぬまで働け」という教育に変わったのです。

男女雇用機会均等法などふつうのOLには関係ない


しかし、会社勤めの最中に恋人ができて、妊娠したときの対応の仕方などは、男女雇用機会均等法には盛り込まれていないのです。

「とりあえず腰掛けのOLになって、会社で出世しそうなイイ男を見つけようか」などと言うと、「おまえは会社をバカにしているのか、男女雇用機会均等に基づいて平等に雇ったんだぞ」と言われます。そんなことは、ふつうの女性に関係ないのです。

男女平等という名目のもと、同じように残業させられ、肌はボロボロ、生理不順、睡眠不足、自律神経失調症などで、歩くことさえ困難になります。

これが、女性の本来の生き方だと、本当にあなたは思いますか。


会社では、「女も男と対等に仕事で勝負して出世をしてやる」と意気込む女性ほど、見苦しく、近寄りたくないものです。こういう女性はすでに女を捨てているのです。

彼女たちは、子どもを生んで育てるという女の本能を捨てており、男の本能である仕事に命をかけているのです。

かわいい女性は、腰掛けOLとなって、そこでいい男を見つけてさっさと結婚することです。





愛される女性(48記事)
良い恋愛と悪い恋愛は夜の強さと愛情でわかる
男選びは最初から慎重すぎるくらいがいい
デートのお金など女性が払う必要などない
男に愛され続けるには「見た目」の美しさにこだわろう
不倫は恋の片道キップ、流れに身を任せよう
恋愛の駆け引きが通用するのはダメ男だけ
女に生まれたことに誇りが持てる女性は愛される
腰掛けOLこそ女性としての誇りを持つべきです
美人でもブサイクでも出会いは公平にやってくる
女性は仕事するためではなく愛されるために生まれてきた


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP