Menu ▼



メニュー

良い恋愛と悪い恋愛

最近の恋愛事情を見ると、「性的関係がなくても満足している恋愛」と、反対に「性を大いに楽しむ恋愛」の二つがあるようです。

あなたは、性を楽しんでいるカップルですか。



恋人同士であるのに、性的交渉がないのは、それは本人同士が恋人同士と錯覚しているだけであり、本当は母親と子どものような関係なのです。

つまり、お互いを異性としてみていないということです。

性欲というのは、人類存亡に関わる欲望であり、この性欲を中心に男と女の世界は出来上がっていると言ってもいいでしょう。それぐらい強い煩悩なのです。

ですから、男は、女性の体を見ただけで心が興奮し、そしてその美しい女体を抱いて征服したいという欲情が起こるのです。ところが性的交渉がないカップルには、それがありません。

女のほうにも、「たくましい男」という意識が持てないため、彼に抱かれたいという感情も生まれないのです。


近年、パラサイトシングルの増加で、マザーコンプレックスの男が非常に増えたようですが、彼らの希望は、いずれ死んでいなくなる母親の代わりになる女性を探すことで、性的交渉をしたいとは少しも思わないのです。

そんな男と、男を何も尊敬していないナルシストな女が組み合わさると、親子のような関係となって性交渉をしないのです。



彼らは一緒にいて甘えていればそれでいいのです。

「女はお母さん、性的交渉はしなくていい」と思っている男たちに、美しい裸体をした女たちを、ムダに取られてしまうのはバカらしいとしかいえません。

最良の男とは、夜に強くて、しかも好きだといってくれる男なのです。

若い女性は、「中年オヤジがジロジロとわたしの胸を嘗め回すように見てキモチ悪い」などと仲間同士で話しているのを聞くことがありますが、女性も、自分を見て発情してくれる男がいるあいだが、女性として輝いていることを知っておきましょう。

男があなたを見て発情しなくなったら、あなたは「女」ではなくなるのです。

良い恋愛とは、夜に強くて仕事のできる男を好きになることです。

悪い恋愛とは、夜に淡白で、しかも仕事のできない男を好きになることです。








 死ぬまで愛される女性を目指そう
男がそばにいたくなる女性になろう
女性が一歩控えればすべては調和する
夫の悪口を言うような妻になるな
女性は自分の売り時を知っておこう
35歳を過ぎても結婚できると錯覚するな
夫婦は平等ではないのが天地の理
女性が輝けば、それに見合った男が惹き付けられる
「自分の気持ちを読める女性」を男は絶対手放さない
恋の自滅は男の本質に盲目すぎる
今の女性は課題が多すぎる
あなたはどんな男と恋をしたいのか
良い恋愛と悪い恋愛



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP