Menu ▼



メニュー

男選びは最初から慎重すぎるくらいがいい

早婚は、若い男に責任感がないから失敗しやすい


早婚というのは、だいたいお互いに二十歳前後でする結婚ですが、だいたいは失敗するケースが多いものです。失敗の原因は相手の男が若いということです。

早婚でも、相手の男性が若くなければ、それほど失敗することはありません。

なぜ、若い男がダメなのかと言えば、とくに若い男性は「性」のことしか頭になく、「結婚すると、性の欲求が毎日満たせることができる」ぐらいにしか考えていないからです。

つまり、男としての責任感がないのです。だから、妊娠し、子供が生まれたら、突然豹変して「離婚する」と言い出します。性の欲求を満たせなくなるからです。

芸能界で結婚するカップルを見ていても、若い男女同士の結婚は、ほとんどすぐに離婚しているではないですか。

昔なら、男が二十歳なら、仕事も一人前にできて責任感もあったでしょうが、今の時代、二十歳そこそこの男で仕事がまともにできて、社会にアピールするものなどあるでしょうか。だから、弱いし、苛立って、暴力を振るったりするのです。



「男選びに慎重」とは、恋愛経験をいっぱい積むことではない


「男選びは慎重に」と言ったら、若い女性の中には、「若い頃には、恋愛経験をいっぱい積んで、その中から結婚相手を見つけよう」と思う人もいるでしょう。

要するに、いろんな男と肉体関係を持ちながら、結婚に備えるということでしょうが、そんな女を評価してくれるのは、マザコン男ぐらいでしょう。

たくさんの男と恋愛遍歴を重ねれば、いい男と出会えるというものではありません。どこで、いい男と出会えるか、それを考えて、慎重に行動すべきです。

そのときのために、何年もかけて、料理などを勉強しているのと、いろんな男と遊び呆けているのと、どっちが慎重に結婚を考えているのか、一目瞭然でしょう。

ここで、整理しますと、次のようになるでしょう。


早婚を希望している女性への留意事項


どうしても早婚が希望なら、相手の男が大人の風格があって、仕事が一人前にできているかどうかを見ます。相手が歳の離れた男なら、離婚のリスクは少ないでしょう。

早婚にこだわっていない女性への留意事項


恋愛経験を積むことではなく、長くつき合える男を探します。遊び慣れた女性は一流の男には見破られるので要注意。その間、料理などを習って結婚に備えましょう。


30歳を過ぎても結婚できない女性への留意事項


40歳前後になっても彼女のできない男がおり、その中には、仕事に打ち込みすぎたために婚期を失しただけで、値打ちのある男も隠れていますので、そういう男には、自分からアタックしていくべきです。30歳を過ぎて待ちの姿勢では遅すぎます。

重要なことは、あなたを愛してくれる男を選ぶのではなく、あなたを大切にしてくれる男を選ぶことです。誰でも結婚前は「愛しているよ、好きだよ」と言えるのです。それが1、2年も経つと「離婚だ、離婚だ」と騒ぎ立てているのです。




愛される女性(48記事)
良い恋愛と悪い恋愛は夜の強さと愛情でわかる
男選びは最初から慎重すぎるくらいがいい
デートのお金など女性が払う必要などない
男に愛され続けるには「見た目」の美しさにこだわろう
不倫は恋の片道キップ、流れに身を任せよう
恋愛の駆け引きが通用するのはダメ男だけ
女に生まれたことに誇りが持てる女性は愛される
腰掛けOLこそ女性としての誇りを持つべきです
美人でもブサイクでも出会いは公平にやってくる
女性は仕事するためではなく愛されるために生まれてきた


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP