Menu ▼



メニュー

今の女性は課題が多すぎる

男と女の本性は、よく「陽」と「陰」で例えられ、「陽」は活動的、自発的、発動的という意味合いがあり、「陰」は「陽」の正反対で、消極的、受動的いう意味合いがあります。

このことから、女性は主体的に自分の信念で動くということがなく、あくまで周囲の状況や環境によって自分の考え方が左右されます。

ですから、結婚にしても、女の子は、幸せを運んでくる、自分を大事にしてくれる男と結婚するという、わりと曖昧な意識で行動していて、確固たる信念を持って男と接触する女の子は非常に少ないのです。その結果、今の女の子たちは失敗を何度も繰り返します。


昔の女性は恋愛をしなくても親の決めた結婚で失敗はなかった


昔なら、親の決めた相手と結婚し、家庭を守って子どもを養育することが当たり前の時代であったため、悲観的なことや結婚で失敗するということもなかった。あるとすれば、妊娠しないで跡取りができなかったときには、離縁ということもあったでしょうが、健康な子どもさえ作れば、その家で大事にされたのです。

こういう時代は恋愛を積極的にする必要もなかったため、男との妙な駆け引きも必要なく、性的な経験をする必要もなかった。

それが今はどうでしょう。


現在は、恋愛も仕事もしなければならない試練が待っている


恋愛はするのが当たり前で、結婚前の肉体交渉も当たり前の風潮となり、何とも忙しい時代となりました。そのうえ、高校なり大学を卒業すれば、仕事をしなければならない試練も待ち受けています。

男よりも、女性のほうが人生に対して多くの課題を抱えています。

恋愛はしないといけない、性的交渉も知っていなければならない、仕事もしないといけない、結婚もしないと負け組みになる、その後は子どもを作らないと幸せにならない、そして、毎日美しく着飾って化粧もしなければいけない、これでは女性がかわいそうです。


現在の女性は課題が多すぎる


男なら、「仕事をしっかりしろ」といわれるくらいで、他に強要されるものはなく、たとえ結婚しなくても、独身貴族といわれるくらいで負け組みになることはありません。

よほど信念のある女性は別として、普通の女性は、この大きな時代のギャップと女性に課せられた課題についていけなくなったため、男の価値観などどうでもよく、「キミを好きだ」などとラブメッセージを送る男に、簡単になびいてしまうのです。

あなたの責任ではないが、男女は平等であるといった学校教育の中では、男の才能、男の美学といった男の本質を誰も教えなくなってしまったのです。

ここで、しっかり勉強しておきましょう。

男の価値は、信念があって努力を重ね、仕事ができる男のことで、こういう男を愛すれば、あなたは一生、大切に愛され続けるのです。






ずっと彼に愛される女性になるには(21選)
男がそばにいたくなる女性になろう
女性が一歩控えればすべては調和する
夫の悪口を言うような妻になるな
女性は自分の売り時を知っておこう
35歳を過ぎても結婚できると錯覚するな
夫婦は平等ではないのが天地の理
女性が輝けば、それに見合った男が惹き付けられる
「自分の気持ちを読める女性」を男は絶対手放さない
恋の自滅は男の本質に盲目すぎる
今の女性は課題が多すぎる
あなたはどんな男と恋をしたいのか
良い恋愛と悪い恋愛
男選びは最初から慎重すぎるくらいがいい
結婚に失敗する女性の共通点とその末路
仕事を頑張りすぎる女性に幸せはこない
デートのお金など女性が払う必要などない
恋愛依存症はダメ男の餌食になってしまう
男に愛され続けるには「見た目」の美しさにこだわろう
「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない
不倫は恋の片道キップ、流れに身を任せよう
恋愛の駆け引きが通用するのはダメ男だけ




外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢



おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP