Menu ▼



メニュー

恋愛を急ぐより、可愛い女になることが先決だ

まだ、本当の恋愛をしたことのない若い女性は、恋愛をファッションでもあるかのように勘違いして、友だちの恋愛話を聞かされると、後れてはならないとばかりに、急いで恋愛を試みようとする人がいますが、こんなことでは失敗に終わるのが目に見えています。



無理に恋愛する必要もなく、まずは、かわいい女性になること


男なんていなくても、恥ずかしいことではありません

処女でも恥ずかしくないし、ブサイクでも恥ずかしいことではないです。

一昔前までは、別に彼氏、彼女がいなくても平気で、いる方がかえって笑われたり嫌われたりしていたものです。それが突然、恋人がいないとバカにされ、処女が笑われるようになったのです。

トレンディドラマのせいです。恋愛、ファッション、ひとり暮らしの部屋、そこでの性的関係などを、かっこよく描写したのです。役者は当時のアイドルを使い、彼らに恋愛や性的行為は当たり前だというセリフを吐かせたのです。「東京ラブストーリー」などが最悪のドラマと言えるでしょう。

こんなドラマを見ていると、恋愛をしていないと、人間失格のような気分になっていき、そんな時代をテレビが作り上げてきたのです。


彼がいないことなど何の恥でもない


そもそも、世界中の人間の大半は片想いに明け暮れていて、まともに恋人がいる人間の方が圧倒的に少数派なのです。なのに、恋愛の教祖たちは、圧倒的少数派が正しい生き方だと説くようなドラマを作りまくり、片想いに苦しんでいるあなたたちを追い詰めているのです。

その結果が、無理なダイエット、無意味な肉体関係、質素とかけ離れたファッション、清貧を嫌う生活、無駄遣いなどを生みました。

無理に彼を作ろうと思わず、あなたが可愛くなるような努力をすれば、自然と男性のほうが寄ってきるのです。こけが自然の摂理です。

30歳を過ぎれば、それなりの努力は必要かもしれませんが、なぜ、20歳代で自分の体を痛めつけて苦しめるような努力をしてダイエットに打ち込む必要があるのでしょう。

若い子は、それだけで可愛いのですから、それにちょっとした動作や振る舞いにスパイスを加えるだけで、さらに可愛くなるのです。

彼がいればそれはそれで素晴らしいことですが、自分を苦しめてまで作る必要はありません。片想いだけでも、十分大人になれます。処女のままでも恥ずかしいことなんか何もありません。

処女を笑うのはあなたを取り巻く情報で、まともな男たちは誰も笑いません。むしろ大事にされるでしょう。





愛される女性(48記事)
恋愛を急ぐより、可愛い女になることが先決だ
遅刻した時は、言い訳よりも「表情」が大切
携帯電話は彼の心を縛る凶器にもなる
デート中、お腹が空いた時の「魔法の一言」
デート中の食事で大切なのは、上品さと笑顔
男の「財布の中身」を気にするのも女性のマナー
ケンカした後、プライドを捨てての奉仕作戦も大切
黙って許していい嘘、許してはいけない嘘
彼の気持ちが遠ざかったら二人の時間を取り戻そう
彼の浮気をやめさせる特効薬とは


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP