Menu ▼



メニュー

男の射程距離に入るためのテクニック

質問1 初対面でのメイク、あなたならどれを選びますか


@ ピンク系口紅、茶系アイシャドウとあくまでノーマルに
A 真っ赤な口紅、青系アイシャドウとセックスアピール
B 茶、白系口紅、ラメ入りアイシャドウと流行最先端系

第一印象をよくするための化粧は、ファッションや自己満足ではダメです。

基本的に男性は、自分に対してドキドキを感じていると思わせる女性に興味を持つことが分かっています。つまり顔がややほてって、紅潮している女性に本能的に引かれるわけです。

メイクはそのような男性の本能を引き出すために、ピンク系でするのが最も効果的です。

ですから初対面のときはあくまでピンク系で、ノーマルにいくのが正しいといえます。

また、流行をいく奇抜なメイクは2〜3度おつき合いをして、慣れてきた頃にすると新鮮さを呼び、効果的になります。
水商売系の派手なメイクは、なるほどセクシーなので男性の気を引きますが、貞操観念がないと思われて逆にマイナスになることがあります。

回答1 @がベスト、次いでB、Aの順でしょう。



質問2 初対面での服装、あなたならどれを選びますか


@ パンツまたはロングスカートにカーディガン
A スカートに半袖ブルゾン
B 高級感ただようデザイナーズブランドでかためる
C 超ミニスカートまたはパンツにキャシミール

女性のファッションと男性への好感度は、肌の露出度と大きな関係があります。残念なことに女性がいかに高級な服やアクセサリーをつけているか、ということは、男性の好感度にほとんど影響を与えないことが調査データから分かっています。

ところが肌の露出度が高い服は、男性を間違いなく発情させ、興奮させるので、女性がさらに美しく見えるように錯覚させる効果があります。ですから、適度な肌の露出はあなたを実際以上に美しく見せます。

ただし、適度な露出度(20〜30%)なら好感度がアップしますが、全身の40%近くの肌を露出させると、貞操観念が低いとみなされ反対にダウンしてしまいます。女性は適度な肌の露出度を心がけましょう。

回答2  Aがベスト、次いでB、C、@の順でしょう。


質問3 コロンのつけ方、あなたならどうしますか


@ ジーンズにTシャツ、そしてさりげなくコロン
A 派手めの服に派手めの化粧、そしてコロン
B 肌の露出度の多い服、ボディコン、そしてコロン
C コロンは一切つけない

においの効果は、実は私たちが想像しているよりはるかに奥が深いといわれています。

その理由は嗅覚は唯一、本能を司る大脳辺縁系に直結している感覚だからです。したがってにおいによって無意識のうちに体が反応することだってあります。

たとえば女子寮に一緒に住んでいる女性たちの生理は大衆によって同調する、つまり生理日がみんな同じ日になってくることが知られているし、馬などはメスの陰部のにおいをかいで実際に発情します(フレーメン現象)。

ひと言で言いますと、においは想像以上に強烈です。使い方を誤ると嫌われます。そして、においの種類よりも、むしろ香水をつけるときの服装が第一印象に深く関わることが分かっています。

調査によると香水はジーンズにTシャツといったカジュアルな服装のときにつけると、相手に好印象をもたらしますが、セックスアピールの強い服装や高級な服装のときは、かえって感度を落とすという結果でした。

香水の使い方は簡単ではありません。注意しましょう。

回答3  @がベスト、次いでC、B、Aの順でしょう。







結婚で失敗しない女性になるには
【恋に落ちる仕組みについて知っておこう】
出会いに必要な三大要素
男は女の性格を見抜けないようにできている
男は幼稚な女に弱い
出会い上手な人ってどこが違うの
別れた恋人とよりを戻したいのなら
間違いだらけのファッションとメイクの大検証
男の射程距離に入るためのテクニック






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP