Menu ▼



メニュー

恋愛で長続きするのは、焦らない、押しつけないことがコツ

恋愛がいつも早く終わる女性は自分の考えにこだわりが強い


恋がいつも早く終ってしまう女性の中には、「恋愛はこうあるべき」という強いこだわりを持っている人がいます。社会でも活躍し、自分にも厳しい、信頼できる人です。しかし、その規律に相手がついていけなくなってしまうのです。

そういう人は、一度自分自身を疑ってみることです。

あなたの思考回路は、仕事での高い目標を達成したり、チームや部下を管理したりするうえでは高い効果を発揮します。しかし、こと恋愛に関しては、「こうあるべき」という主張は7割程度に控えましょう。

たとえば、「恋人同士ならば、毎日電話すべき」「誕生日は旅行に行くべき」「女友達なんか必要ない」




彼の言い分も半分は聞いてあげよう


あなたの「あるべき」と考えていることは、実は「あなたが考えているに過ぎない」かもしれないのです。
彼には彼なりの考えがあります。


「電話は3日に1回でいいと思う」「部屋で誕生日を祝うのもいいんじゃない」「女友達もオレにとっては大切な友達」

それは彼の意見なのですから、「半分譲る」ことを忘れないことです。その半分も譲れないことが続くと、ふたりは自然に破局することでしょう。

どうしても意見がぶつかる場合は、「半分譲歩する」ということを、事前に彼と話し合っておくといいでしょう。
半分譲歩してもさして生活に支障はきたさないものです。

また、衝突はどちらかの期待にもう一方が応えていない場合にも生じます。

たとえば、「電話は毎日ほしい」という女性に、3日に1回しか彼が電話しないと、「私が毎日電話してほしい、と言っているのに、なぜくれないの?」というケンカが起こります。

その場面には次のような対処法が考えられます。
(女性から男性に)「毎日電話するのは難しいのならば2日に1回は電話してくれる?」
(男性から女性に)「じゃあ、オレも3日に1回じゃなくて2日に1回は電話するようにするよ」

このように、相手の期待度を下げることと、達成度を上げることを心がけましょう。
お互いに努力をする方向に話し合いすることで、効率的に解決することができます。
これさえ覚えておけば、恋人との人間関係の葛藤は乗り越えることができるはずです。






恋愛・結婚を成功させる方法(30記事)
「好き?」、「嫌い?」が分からないときは、ちょっとしたアプローチを
生活を楽しめるような余裕が恋愛体質をつくる
あなたのベストパートナーはこうして見つかる
恋愛で長続きするのは、焦らない、押しつけないことがコツ
「ちょっと気になる人」との恋の膨らませ方
最高のパートナーは身近なところに潜んでいる


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP