Menu ▼



メニュー

恋愛をモノにするには父性本能をくすぐり弱々しさを見せる

★恋愛をモノにするには、女の弱々しさを見せて、男性に頼ってみることも必要です。男性は、幼く弱々しいものを守ってやりたいという本能があるからです。


父性本能をくすぐる


人間の赤ちゃんは未熟なので、自分の子供が生まれると、男性には母子ともども面倒を見たくなるという本能が備わっているのです。

この本能が強く現れるのは子供の年齢が4歳になるくらいまでの期間と言われています。つまり、3歳以下の乳幼児の仕草やルックスには、男性を本能的に引きつける力があります。

女性はブリッコや赤ちゃん言葉を使う女を嫌う傾向がありますが、これはどうしてか分かりますか。このような言葉には本能的に男性を引きつける力があるので、それらを使って男性にこびを売る女性に対し、敵意を抱くからです。

つまり、実際に赤ちゃん言葉のような高温の出し方や、語尾を未熟な言葉にする方法は男性を引きつける力として強力に作用することを示しています。

★男性には幼く弱々しいものを守りたくなる本能がある



自立心の強い女性は本能的に男性に嫌われる


4歳以上の幼児に対しては、「守ろう」という父性本能が低下します。これは4歳くらいの子供に自我が芽生えるからで、自我は「他人より優れていることを主張する我」です。

これを男性に向けてメンツをつぶすと、自信のない男性ほど傷つき、敵意をむき出しにするものです。

男性は自分がどれだけ強いか、優位かを常に考えながら生きています。なぜならば、強さや優位さが女性獲得を有利にし、子孫繁栄につながるからです。ですから、これもまた男性の本能といえます。

男性は、メンツをつぶす言葉や態度には、女性の想像を絶するほど過敏なものです。ですから、この本能を逆手にとって、男性のメンツを立てる「さすが」とか「すごい」という言葉を駆使して、もう一度「いい女」と思わせましょう。

★男性は自分のメンツやプライドを傷つける女性に敵意を示す


男は頼られることに快感を覚える


動物のオスはメスに投資をし、そのかわりに交尾ができるという大原則があります。つまり投資するきっかけがなければ親密度はアップすることはなく、男性は本能的に女性に恩を売る機会を待っています。若い女性に店員のおやじがサービスする原則です。

これらが幼稚な女に男が弱い理由です。しかし、これらのテクニックは、実際に頭が幼稚だと絶対にできないということを付け加えておきます。

★わざと頼ってたくさんおだてるのがテクニック




恋愛・結婚を成功させる方法(30記事)
駆け引きをしない恋愛のほうがうまくいく5つの理由(まとめ)
恋愛・結婚を成功させるには出会いに必要な三つのポイントを活用
恋愛の勝利者になるには男を早く発情させること
恋愛をモノにするには父性本能をくすぐり弱々しさを見せる
出会い上手な人と出会いのない人との違いとは・・恋愛成功のヒント
イメージチェンジで新鮮な感じを見せれば男は追いかけたくなる
ファッションやメイクは男の心をときめかせることが大切
恋愛を成功させるには自己満足より男の本能を引き出す


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP