Menu ▼



メニュー

出会いに必要な三大要素

@ 同一化(相手と同じような価値観を持つこと)

人は本能的に自分と言葉や宗教、習慣、考え方が似ている人に好感を持ちます。そして好きな人に自分を合わせることを同一化と言います。ただし、相手と同じ価値観があるかどうかを初対面で見分ける能力は、男性は女性よりはるかに劣っています。



しかし、男性は褒められると「同じ価値観を持ってくれている」と誤解します。つまり、相手に好感を持ってもらうためには褒めるのが無難です。

★ 最高の褒め言葉は「教えて」

教えて欲しいというのは「あなたが興味を持って得意としている分野のものに、自分も大変興味がある」ということの意思表示です。これはまさに同一化を利用した、相手に好意を与える手法です。とてもさりげない言葉なので、さらに効果的と言えるでしょう。


A 美意識(均整の取れた顔やスタイルに性的に魅了される)

均整とは何かというと、これは記憶の中の多くの人間の顔やスタイルを平均化したものを意味します。目や口、鼻などのアイテムの縦横比、大きさ、形、配列などを実際に測定して平均値を取った場合、いかに各々がその平均値に近いかということを表します。



ところが、この平均値は、人が今まで見てきた顔のイメージから割り足されるため、たとえば、ある一人の人の顔をたくさん見ていると、その人の顔が平均値に多少近づくことになります。

つまり、あまり均整の取れていない人の顔も、何度も見てよいイメージで強く印象付けられると、その人の顔が少しずつ均整の取れた美しい顔に見えてくるのです。何度も見られていると相手に美意識を芽生えさせることに成功しますが、そのためには意中の人の前では顔の表情を変える癖をつけると良いでしょう。

人件は動きのあるものに視線が集中する癖があるからです。

★ ポイントとしては、彼に向かって体をくねらせる、脚を組みかえる、髪の毛をかき上げる


B 緊張感(これを相手に抱かせなければ恋は発生しない)


男性は美しい女性に対しては、理屈抜きで緊張感を芽生えさせます。だから美しい女性と正面切って戦っても勝ち目はないのです。

しかし、男性は肉体的な接触によっても緊張感を持ちます。そこで、何気なくわざとらしくなく、男性に偶然を装ってスキンシップをすれば緊張感が生まれます。

恋を芽生えさせるためにスキンシップは奥の手といえます。

★ ポイントしては、何気ない自然なタッチが大切







男と女の恋愛原理を知れば結婚に失敗しない
【恋に陥るメカニズムについて知っておこう】
出会いに必要な三大要素
男は女の性格を見抜けないようにできている
男は幼稚な女に弱い
出会い上手な人ってどこが違うの
別れた恋人とよりを戻したいのなら
間違いだらけのファッションとメイクの大検証
男の射程距離に入るためのテクニック
【突然の破局を迎えないよう愛の幻想を断ち切ろう】
人間の真の本性は不幸に直面したとき表れる
いつも妻子ある男性を愛してしまう女性
恋の傷を癒す免疫力をつけよう
3回に1回は愉しい恋愛を経験しよう
恋多き女性は自分の売り時を間違わないことが大切
男女で違う恋心の意外な一面
本気で恋をしたいのなら男友だちを断ち切ろう
条件より「好き」という感情を優先させよう
【今の恋に自分のすべてを賭けていいの?】
恋愛は自分の生き方や考え方が反映してできあがる
反対された恋について考えてみよう
マイナスの恋には強い意思力が必要
恋愛体質が恋愛の美しい思い出を作る
一瞬の感性が思いがけない愛を生む
社内恋愛からの結婚は離婚率が低い
時間をかけた愛は育つが急いだ恋は破れやすい
女性ももっと恋愛に貪欲になろう
女性は男をジラし焦らせることも必要なテクニック
自分より品格やレベルがワンランク上の相手を探そう
恋愛の苦しみと歓びがわかってこそ人間に深みが出る



外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP