Menu ▼



メニュー

女性ももっと恋愛に貪欲になろう

あなたには、二人っきりになることの恐れがないでしょうか?

近ごろは、つねに同性の友だちと行動している若者が増えてきたため、交際もグループ単位が異常に多くなっています。その結果、男と二人きりで会うと、なにを話してよいやらわからなくなり、しかたなく互いの友人を携帯電話で呼んでしまうという男女も少なくありません。

これは「対の関係の恐怖」と呼ばれるようですが、二人でいることで深い仲になるのを警戒する心理が働くからです。



多くの男友だちと遊びたい女性が増えてきた


「男と女なのだから、深い仲になって当然でしょう」と思う人もいるかもしれませんが、うっかり深い仲になると結婚しなければならなくなったり、他の楽しいボーイフレンドたちとも手を切らなければならない羽目になるのをイヤがるのです。

女性が結婚年齢を遅らせるという理由の裏側には、なるべく多くの男友だちとつき合いたい、遊んでいたい、という願いが隠されているのです。そんなとき、その願いが破壊されるような男が出てきては困るのです。

決まった相手になりたがる男は不要


「複数の男と同時進行」の遊びをしたい女性にとっては、決まった相手になりたがる男は不要なのです。できるだけ一人の男に深入りせず、何人もの楽しい遊び友だちと騒いでいたい、もし気が向けば自分の部屋に招待したり、日替わりセックスを愉しむのも悪くないと思っています。

もし、こういう軽い複数恋愛を空想している女性がいて、「私は異常なのかしら?」と不安に思っているとしたら、そうではありません。


女性は恋にもっと貪欲になったほうが賢明


これまでのように、つき合ったらいつの間にか深刻な関係になって、別れるときに修羅場を演じるようでは女性自身になんのプラスもありません。そんな自分自身を破滅させるような恋愛だったら、しないほうが賢明でしょう。

そんな古い恋愛観は捨てて、むしろ「あの女は尻軽だ」ぐらいの評判をとってみてはどうでしょうか。以前だったら尻軽女は軽蔑の代名詞でしたが、現在では時代の先端を走る女性なのだと自信をもっていいと思います。いわばライト感覚で生きる哲学をもっているわけで、愛のエゴイストといってもいいでしょう。

魅力があるうちに、その魅力を存分に使って、なるべく自分を高めてくれる男とつき合うのです。それが恋とか愛とか呼ぶものでなくても一向にかまいません。

いまの世のなかには、楽しい男と結婚したけれども、この夫の子では頭の悪い子が生まれるというので、精子銀行に行ってノーベル賞級の男の精子を買って注入する、という女性だっているのです。

女性はもっと恋愛に貪欲になって、いい恋愛をたくさん経験し、それから結婚するようにすると、後悔しなくてすむでしょう。




恋愛・結婚を成功させる方法(30記事)
恋愛は自分の描いた通りの男性が現れる
激しい情熱的な恋には強い意思力が必要
別れを美しい思い出にすれば人間性が豊かに
男と女の感性が合ったときに真剣な恋が生まれる
社内恋愛からの結婚は離婚率が低い
時間をかけた愛は育つが急いだ恋は破れやすい
女性ももっと恋愛に貪欲になろう
女性は男をジラし焦らせることも必要なテクニック
恋愛の苦しみと歓びがわかってこそ人間に深みが出る


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP