Menu ▼



メニュー

仕事もせず女性だけ追いかける男はダメ男の典型

モテたいと思っている若い女性は、
「男性が近づいてきて声をかけて欲しい」
「男性に愛されたい」
「私を追いかけて欲しい」
「私を言うことを何でも聞いて優しくして欲しい」
と思っているのではないでしょうか。

もし、あなたが自分の願いを叶えたいのなら、ある程度年配で、お金も地位もあり、それに時間もあるような紳士を狙ったらいいでしょう。



将来性のある若い男性は、女性の尻を追いかけない


20歳から35歳ぐらいの将来性のある男に相手になってもらいたいのなら、残念ながらそれは叶わぬ願いです。なぜなら、そういう将来性のある男は、普段から資格を取るための猛勉強をしなければならないし、仕事にも精進して出世の足がかりをつかまなければなりません。

つまり、そういう年齢で将来を夢見ている男は、女性の尻を追いかけるような時間はないのです。

でも、最近の若い子は、「男の仕事なんてどうでもいいの、浮気をせず、私を愛してくれさえすれば・・・」などと、能天気なことを言っています。

確かに成功しなくても、あなたを愛してくれていたら文句はないのでしょうが、男としての夢も高い志もなく、そのうえ見るべき才能をまったくない男だったらどうします。


尊敬に値しない男は、何の値打ちもない


そんな尊敬に値しないようなつまらない男に、あなたは将来ずっと尽くしていくことができるでしょうか。

もし、こんな男と結婚して子どもできたとしたら、子どもの学資すらまともに稼げず、そのうえ子どもに人間としての哲学や人生観を教えることができず、二人とも底辺の生活から抜け出すことすらできません。

ダメ男を見抜く簡単なチェック


こんなダメ男を見抜くことは簡単なことですので、あなたの彼をチェックしてみましょう。

あなたのことを毎日、メールで「愛しているよ、好きだよ」と言ってきたり、「君の会社へいつでも迎えに行くよ、会社は何時に終るの?」と、メールばかりしてくる男です。

こういうメールを出すような男は、考えたら分かるように、仕事などしていないのです。仕事に勝負をかけて女性を幸せにしようと頑張っている一流の男は、メールなどする暇はありません。

しかし、こういう男が増えてきた原因のひとつは、女性の男を見る目がなくなったのも大きな要因です。仕事の合間に「好き、好き」メールを送ってくるような男と、すぐにベッドインするような女性が増えてきたため、男も、男としての実力など関係なく、優しい言葉だけで、女性を落とせるようになってしまったのです。

「高価なダイヤモンドの宝石は嫌い、安い宝石がいい」と言っているようでは、将来、必ず後悔しますよ。




いい男と悪い男の見極め方(23記事)
いい男が備えている9つの条件・特徴
男と出会ったら、最初に「いい男か悪い男」かをチェックしよう
男の風俗遊びは、実力の範囲内なら問題ない
いい男は一人の女性だけで満足できない
値打ちのある男は挑戦意欲に燃え高い志を持っている
一流の男ならこだわりを持ち、モノの価値を知っている
悪い男は出会いサイトでアホな女を待ち受ける
悪い男は女を騙し、体だけを求めてくる
仕事もせず女性だけ追いかける男はダメ男の典型
実力のない男に「愛」という言葉など存在しない
すぐにメールをしてくる焦り男には要注意


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP