Menu ▼



メニュー

値打ちのある男は挑戦意欲に燃え高い志を持っている

職業選択に貴賎がないのは事実で、どの職業にあっても、生きがいを感じ、精進努力する人は、それなりに報われ、お金も自然と入ってくるでしょう。

ですが、人間の情欲を刺激して、それによって金銭をもらうようなのは、職業ではないと考えます。

たとえば、ソープランドで働く女性とか売春する女性、あるいはアダルトビデオに出演している人、ホストに勤める人、つまりこのような性風俗関係の人は、人間の性欲に火をつけてサービスすることを目的としており、職業にたずさわっているとはいえないでしょう。



高い志を持っている男は、金儲けだけで職業を選ばない


これらの例は極端にしても、高い志を持っている男は、「金を稼ぐ」「金をもうける」だけで、職業を選ぶことはなく、そこには必ず、世のためになる目的が潜んでいるものです。要は、男が、仕事を選ぶときは、「お金」以外の理由がないと、その男の中身が軽いと断定できるのです。

もし、あなたがつき合っている男の子が、「お金」も稼げず、職業の目的すら持たず、「たまたまそこに就職できたから、生きていくために仕方なく働いているのだ」としたら、どうでしょう。


生きていくために働くだけの男には学ぶ価値がない


あなたはそんな彼から、何を学ぶことができるでしょう。

賢い女性は、恋愛をしたら、遊ぶだけではなく、男としての「陽」の本質、言うなれば、その男から男とはどういう生き物かを教わらないとダメなのです。

そして男のほうも、女としての「陰」の本質、つまり「女性とは愛情と包容力があって、仕事で疲れた男をトコトン癒してくれるものだ」と知ることによって、ともに成長していくのです。

男も女も陽と陰の本質を知らないと、たとえ好きで結婚しても、いつかは家庭不和が生じて夫婦喧嘩が絶えなくなるでしょう。


「なぜ、その職業を選んだか?」を聞いてみる


ですから、出会った男のルックスなどに惚れたら、そこで急がずに、その男の職業を見て、なぜ、その仕事をしているのかを訊かないといけません。

たとえば、役所に勤めているとしましょう。

「公務員だから、たいした給料ではないが、身分が安定しているから」などといえば、失格です。打算的でやる気がないのはミエミエです。

「公務員になって環境問題に取り組み、少しでも社会をよくしたい」といえば、大きな志を持っているので、早晩大成するのは間違いないでしょう。

何度も言いますが、値打ちのある男は、社会への挑戦意欲に燃え、高い志と目的を持って、着実に努力している人なのです。





いい男と悪い男の見極め方(23記事)
いい男が備えている9つの条件・特徴
男と出会ったら、最初に「いい男か悪い男」かをチェックしよう
男の風俗遊びは、実力の範囲内なら問題ない
いい男は一人の女性だけで満足できない
値打ちのある男は挑戦意欲に燃え高い志を持っている
一流の男ならこだわりを持ち、モノの価値を知っている
悪い男は出会いサイトでアホな女を待ち受ける
悪い男は女を騙し、体だけを求めてくる
仕事もせず女性だけ追いかける男はダメ男の典型
実力のない男に「愛」という言葉など存在しない
すぐにメールをしてくる焦り男には要注意


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP