Menu ▼



メニュー

一流の男ならこだわりを持ち、モノの価値を知っている

男もある程度の年齢になったら、仕事でもこだわりをもってしなければ、大きな責任を果たすことはできないし、自分の携帯するものでも、何かこだわりの一品、たとえば時計、指輪、靴、メガネなど、優れたモノを持つものです。

近ごろは、ユニクロの安い商品などが出回り、役に立てればそれで良いという風潮が浸透していますが、本当の価値を知る人間は、高級ブランドであるヴィトンの財布とかバッグ、あるいはロレックスの高級時計などを持ち、密かに生活を楽しむ術を知っています。



無能な人間ほど、モノに執着しなし面白みもない


無能な人間ほど、お金の使い方を知らず、腕時計にもメガネにも、何にもお金をかけませんが、モノに執着しない男ほど面白みのない人間はいません。

そういう人間は、何十年も伝統と技を磨き丹精込めて作った作品である時計とかメガネなどの値打ちも理解できず、非常に可愛そうですが、それも心とお金に余裕がないからなのです。


一人前の男なら、行きつけのバーなどを用意しておくもの


それと同じで、一人前の男なら、行きつけの高級レストランやバーなどもふだんから用意しているものです。

ただ行きつけと言っても、安い居酒屋とか、大衆酒場では話になりません。

こういう場所へ行って、マスターと人生を語らうのもよく、あるいは、となりに座った紳士と語らうのもよく、それなりの人生哲学が学べるものです。

高級な店では、男の価値を引き上げてもらえる


高級な店には、器も技量が大きい人がやってくるし、きちんとしたスーツを着こなしている男と自然と会話するようになり、男の価値を引き上げてもらえるのです。

その店で、ひっそりと、孤独を楽しむのもダンディーだし、大切な女性を連れて行くのもお洒落でしょう。


営業マンならお得意先のために、なじみの店を作っておくこと


昔から、優秀な営業マンの条件のひとつとして、なじみの店をたくさん知っていることだといいますが、大事な得意先を連れて行くのも、それなりの効果があるでしょう。

また、飛行機に乗るときには、ファーストクラスしか乗らないという人もいますが、これなども、いつどんな縁で大きな仕事につながるかしれません。

なぜなら、こういうクラスに乗っているお客は、それなりの地位があって、世界を股に駆けたようなビジネスマンであったり、学者であったり、あるいは大企業の社長さんであることもあり、ちょっと声をかけて親しくなることで、いつ大きなビジネスチャンスが転がってくるかもしれません。

やはり、こだわりがある人間は、価値を知る人であって類を呼ぶのです。





いい男と悪い男の見極め方(23記事)
いい男が備えている9つの条件・特徴
男と出会ったら、最初に「いい男か悪い男」かをチェックしよう
男の風俗遊びは、実力の範囲内なら問題ない
いい男は一人の女性だけで満足できない
値打ちのある男は挑戦意欲に燃え高い志を持っている
一流の男ならこだわりを持ち、モノの価値を知っている
悪い男は出会いサイトでアホな女を待ち受ける
悪い男は女を騙し、体だけを求めてくる
仕事もせず女性だけ追いかける男はダメ男の典型
実力のない男に「愛」という言葉など存在しない
すぐにメールをしてくる焦り男には要注意


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP