Menu ▼



メニュー

自分にないものを持っているだけで結婚相手にしてはダメ

この世の中では、いろいろな面において、人間をそれぞれ二種類に分けられます。

このことを、しっかり頭の中に入れておかなければなりません。
★ 親切な人、不親切な人
★ 騙す人、騙される人
★ 頭のいい人、悪い人
★ 外見のいい人、悪い人
★ 人を使うタイプ、人に使われるタイプ



人は自分にないものを持っている異性を好きになる


ここで知るべきことは、「人は自分にないものを持っている異性を好きになる」という心理です。

たとえば寝坊する人は、早起きの人を好きになります。外見のよくない女性ほど、外見のいい男を好きなのは当然でしょう。また女性は力がないので、強い男を好きになるのです。

しかし、強弱、優劣、大小・・・・など、二種類に分類していくと、無数といっていいほどあげられます。そして私たちは、その中のほんのいくつかの長所や美点を見て、相手を好きになってしまうのです。

極端な例でいえば、「背が高いから大好き」と憧れるケースも出てきます。「頭がよくて親切」という二点で好感を抱くこともあるでしょう。

中には「一流会社に勤めていて収入がいいから」という理由で結婚してしまう人も、少なくありません。

確かにこの理由は魅力的ですが、結婚してみたら、だらしがない、不親切、冷酷、といった大きなマイナス点に気づくことも珍しくありません。

こうして、三組中一組が離婚、という厳しい結果になるのです。


自分にないものを持っているというだけで結婚してはいけない


離婚が激増するということは、男を見る目がなかった、ということです。安易に「好きだから」という理由で結婚すると、あなたが三人中の一人に入る危険性は、いくらでもあります。

結婚生活はときに、24時間一緒にいなければなりません。この「24時間一緒」が曲者なのです。いくら外見がよくても24時間も見続けたら、鼻毛が伸びているのが気になることもあるでしょう。

「結婚してうまくいく男」とは、生活をしている中で、お互いにそのくらいまでは許せるな、許してもらいたいな、と思えるタイプです。つまり長所ではなく、欠点の許容範囲をさぐらなければなりません。

それは男にとっても同じことでしょう。簡単にいえば、目の前でおならをしても許しあえる男となら、うまくいくのです。




いい男と悪い男の見極め方(23記事)
マザコン男はどこにでもいるから気をつけよう
能力もないのに「疲れた、疲れた」という男は最低
友だちから「あの男はダメよ」といわれたら
男の優しさには、ホンモノとニセモノがある
女性の価値は交際している男の評価で決まる
有能な男と無能な男の「性」にたいする考え方
面白い人が好きでは男を見る目は養えない
自分にないものを持っているだけで結婚相手にしてはダメ
彼の部屋を見るだけで彼の本質が見える
住む場所によって出会う男性の質に大きな差
「優しい? 男らしい?」はすべて文字に表れる
見せかけだけの男か、中身のある男か、これでわかる


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP