Menu ▼



メニュー

男の風俗遊びは、実力の範囲内なら問題ない

男の遊びというは、昔から「飲む」「打つ」「買う」というのが定番で、いくら男が弱くなったといっても、若いころには、「酒は飲む」「パチンコや競馬のギャンブルをする」「ソープランドでひと汗流す」ことぐらいは誰でもやっているでしょう。

もともと男という生き物は、遊び好きで、そのうえ一攫千金を夢見るようなところがあり、心はいつも浮ついているものです。一方、女性は生活に根を張って生きているので、本質的に堅実な生き方しかできないのです。



男が資力の範囲内で遊ぶのなら問題はない


いずれにしても、男が「飲む」「打つ」「買う」をする場合に、問題になるのがお金ですが、自分の実力で稼いだお金があり余っているのなら、自分の健康に問題がない以上、他人がさほど口を挟む必要もないでしょう。

一番厄介なのが「買う」ですが、性欲が男の本能に根ざすものだけに、女遊びができるというだけでも、男としての体力がじゅうぶん備わっている証拠ですので、ある意味では喜ばしいと思ったほうが良いかもしれません。

男が「キミだけを愛しており、他の女性など抱く気にもならない」などと言ったら、これは明らかに大ウソであり、女性もこれを真に受けるようでは、大人の女性にはなりません。


風俗遊びは、男なら誰でも経験


ですから、風俗遊びは、男なら誰でも経験があるもので、それを止めるのはむずかしいですが、ただお金を必要以上につぎ込まなければ良しとすべきでしょう。


ギャンブル好きは、付き合わないほうがいい


性欲に劣らず強い欲望が金銭欲であり、ギャンブルで地位も名誉も、そしてお金も捨ててしまう人がおり、最近新聞にも掲載されていましたが、大王製紙の社長が100億円あまりをカジノで負けたという、我々には驚くような話がありましたね。

ただ、何ヶ月に一回程度ある実施されるダービーなどの馬券を買うのなら、まったく問題はありませんが、ギャンブル好きというのは一種の病気で魔物に取りつかれたようなところがあり、油断するといつ泥沼に入ってしまうかわかりませんので、こういう男はやめておいたほうがいいでしょう。


酒は体を壊さない程度なら問題ない


最後は酒ですが、ギャンブルに比べたら、それほど大きな問題ではなく、若いときに、お酒を浴びるほど飲んでいても、体の調子が悪くなったら、自然と酒を控えるようになるものです。

ただ注意しないといけないのは、体を悪くしても、飲まずにおれない男であり、こういうタイプはアル中の可能性があり、救いようがありませんので、彼氏に選ぶことは避けたいです。

男の遊びの哲学としては、体を崩さない、遊びのための借金をしないというのが基本で、これを守れている男なら、目くじらを立てることもないでしょう。





いい男と悪い男の見極め方(23記事)
いい男が備えている9つの条件・特徴
男と出会ったら、最初に「いい男か悪い男」かをチェックしよう
男の風俗遊びは、実力の範囲内なら問題ない
いい男は一人の女性だけで満足できない
値打ちのある男は挑戦意欲に燃え高い志を持っている
一流の男ならこだわりを持ち、モノの価値を知っている
悪い男は出会いサイトでアホな女を待ち受ける
悪い男は女を騙し、体だけを求めてくる
仕事もせず女性だけ追いかける男はダメ男の典型
実力のない男に「愛」という言葉など存在しない
すぐにメールをしてくる焦り男には要注意


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP