Menu ▼



メニュー

有能な男と無能な男の「性」にたいする考え方

有能な男であろうと、無能な男であろうと、男としての本能は同じものを持っているため、美人と性的関係を結びたいという強い思いだけは同じです。

でも、根本的に違っていることがあります。



無能な男は「性」のことしか頭になく、仕事ができない


有能で優秀な男ほど、仕事もガンガンやるし、女性とのベッドインでも最高のサービスをしようと頑張るものです。反対に無能で仕事のできない男ほど、「性」のことしか頭になく、仕事のことなどは眼中にないのです。

四六時中、考えていることと言えば、女性をいかに落として、ホテルに連れ込むかということしかありません。

女性としては、この違いをしっかり知っておくことです。

有能な男も無能な男も目的はベッドイン


ただ、どちらの男も、目的はベッドインで頑張ることであり、「愛」ではありません。

目的のためには、どんな男でも、「愛しているよ」「好きだよ」と言いますが、それは性的関係を結びたいからそう言っているだけなのです。

それでは、「本当の愛」とは何を指すのでしょう。


有能な男と無能な男の違いは、妻子を立派に養えるかどうか


目的は、「性」であったとしても、結果的に妻子を立派に養ってきたかどうかで分かるものです。妻子を路頭に迷わせることなく、生活の安定を図ってきたのなら、何も言わなくても、そこに男の愛は集約されているのです。

無能な男は「性」の欲望を満たすだけ


無能な男は、「愛している」とか「好きだ」などと愛に関する言葉をたくさん並べ立てて、「性」の欲望を満たそうとしますが、結果的に、妻子を養うことができるほどの能力もお金もなく、たとえ妻子を不幸に陥れても何ら心に恥じることのない人なのです。

男の愛は、軽々しく女性に説明できるものではありません。ベッドインのときの愛の囁きは、ただの性を盛り上げるための飾り言葉に過ぎないのです。

有能な男は、女性からもらった「性」のエネルギーを仕事に使う


有能な男も無能なダメ男も女性を喜ばせようとするテクニックや行為は同じかもしれませんが、根本的に違うのは、女性からもらった性のエネルギーをどこに昇華するかです。

有能な男は、好きな女性と性的関係を結ぶことで、その女性から性エネルギーを得てやる気が旺盛となり、それを仕事に打ち込むエネルギーに変えて、社会に役立たせています。

無能な男は、性的関係を結ぶのは同じであっても、その性エネルギーを社会に役立たせるのではなく、競輪や競馬に打ち込む自己享楽的なエネルギーに変えているのです。

これでは猿とほとんど変わらない生態といってもいいでしょう。


男を大別すると次のようになる


男を大きく分類すると、

@性と仕事を両立させる男
A性しかできない男
B基本的に性的関係に興味が薄い男

あなたが性的関係を結んで間違いがないのは、@の男性に抱かれることです。

Aは、猿と同程度ですので、こんな男とつき合っていると、あなたもメスザルになってしまいますよ。

B体力的に弱く正常な男ではないので、社会の一線で戦うだけの気迫も迫力もなく、まず社会で成功することはないでしょう。





いい男と悪い男の見極め方(23記事)
マザコン男はどこにでもいるから気をつけよう
能力もないのに「疲れた、疲れた」という男は最低
友だちから「あの男はダメよ」といわれたら
男の優しさには、ホンモノとニセモノがある
女性の価値は交際している男の評価で決まる
有能な男と無能な男の「性」にたいする考え方
面白い人が好きでは男を見る目は養えない
自分にないものを持っているだけで結婚相手にしてはダメ
彼の部屋を見るだけで彼の本質が見える
住む場所によって出会う男性の質に大きな差
「優しい? 男らしい?」はすべて文字に表れる
見せかけだけの男か、中身のある男か、これでわかる


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP