Menu ▼



メニュー

自分の生き方に合う、いい結婚とは?

結婚も「終身雇用制度」が崩れてきました。結婚がなかなかできない男というのは、ひとつの固定観念に縛られているものです。

それは、結婚を「一度きりのもの」という大前提で考えているからです。「ひとたび結婚したら、離婚などするものではない」という、儒教的な道徳の思い込みがあるのでしょうか。



★ しかし、結婚はひとつの選択ですから、選択ミスということは当然あるものです。ミスに気づいたら別れる、つまりやり直しができる、そういうものかもしれません。こういう考え方を、すでに女性側はし始めているのです。

これまで、女性にとって結婚は、人生の最大の目的でした。結婚して子どもを生んで夫共に歩む、そこに幸福を求めました。特別の才能や環境に恵まれた人間意外は、ほかの生き方を求めようがなかったのです。いきおい、女性の結婚観は、人生のひとつのゴールとならざるを得ませんでした。今は違います。

「ウェディングドレスが似合ううちに、結婚式を挙げておきたい」
「子どもがほしい」
「楽して生活したい」
「とりあえず親を安心させたい」
「寂しいから、誰かと一緒に生活してみるか」
「やっぱり頼れる存在がほしい」



★ 結婚が目的なのではなく、結婚によって手に入れるものが目的なのです。しかも、それが人によってまちまちです。

だから、結婚しても目的が達せられないことがわかったら、あるいは逆に、目的が一応達成できれば、暗くならずに離婚に踏み切るのが現代女性でしょう。

「一回、ウェディングドレスをきられたからもういいわ。サヨナラ」
「別れましょう。子どもは私が一人で育てます」
「買いたいものが買えない、こんな生活は真っ平」
「もう親もいないし、私は自由に生きたいの」
「あなたといると、よけい寂しくなるわ。別の人見つける」
「もっと頼りがいのある人に巡り合ったの。ゴメンネ」

かりに、夫の会社員としての出世街道を願っていた妻なら、その夢が破れたところで別れる。会社を経営する人間になってもらいたいと思っていた妻は、夫が何度も事業に失敗しても平気ですが、あきらめてサラリーマンになったら、ガッカリして逃げ出すかもしれません。



要は「結婚すること」を目的にしない女性が増えてきているのです。

結婚が即目的なら、おのずと適齢期というものがあり、それに間に合うように結婚しようとするので、そこそこの男で妥協することも起こりえました。今は、それぞれ目的が別にあるから、それに合った男を捜す。それだけ、男は結婚しづらくなっているわけです。

結婚は就職に似ており、就職の場合、日本は終身雇用が前提にあり、一つの会社に勤めると、まあ一生そこにいることが、暗黙の了解事項となっていました。大企業の場合は、とくにそうでしょう。

しかし、ここにきて転職ブームに見られるように、ひとつの会社にこだわらなくなってきました。昔は会社に、自分の生き方を合わせるのが、今は、自分の生き方に、会社を合わせるようになってきています。

★結婚も同じに考える動きが出てきました。自分の生き方に合う形の結婚をすればいい。結婚してダメだったら、やり直し。そういう精神でいる男は、その姿形に思い切りの良さが表れて、魅力的になり、女性にモテます。目的にかなった女が寄ってくることになるのです。





結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音
【女の知らない男の秘密】
男と女の心身の違い
「優しい男」は女の本能を満足させない
オスは生物学上、みな浮気性
男と女の恋愛に対する考え方の違い
男は浮気しても本気にはならない
男はなぜ自分の一物にこだわるのか?
女性のイメージチェンジは男を発奮させる
子どもが欲しいときには、男を空腹にさせよう
【恋の誤解はなぜ起きるの】
男の恋に関する女性の誤解と勘違い
男の恋愛行動に関する女性の誤解と勘違い
男の恋愛感情に対する女性の誤解と勘違い
男女を結び付けているものは何?
男も女も恋の麻薬は必ず切れる
麻薬が切れると新たな刺激を求めて他の異性に走る
【男はこんな女性の外見・しぐさで本性を見抜く】
口、耳、目、鼻で、女性の本性・心理は見抜ける
「性格のいい・悪い」は顔を見るだけでわかる
口紅の色がクルクル変わる女性の心理
女性の本当の魅力は、デートの仕方でわかる
可愛い「甘え型」か、うるさい「非難型」かを結婚前に見抜く方法
「夫を侮辱する妻」になる女性の五つの口癖
【結婚適性の高い女性か低い女性かを常にチェック】
あとで必ず後悔する4つのパターンのつき合い方
美人を妻にするとき必ず覚えておかなければならない点
社内結婚では女性の反面しか見えていないから要注意
【男は女性との相性の良し悪しをこうやって見分けている】
相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【T】
相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【U】
目ざわりな相手よりももっと深刻な「耳ざわりな人」
歩く速さのテンポやリズムで「生き方」や「人生観」の相性がわかる
部屋の不潔さの感じ方や育ちの違いでも夫婦決裂の危機もある
相性がいいかどうかを単純に推し測る方法
性格が正反対でも不思議とうまくいくカップルもある
【男が考える「恋人にしたい女」「妻にしたい女」
「足を引っ張る女」とは?】
女性には「意外な素顔」が潜んでいる
結婚に適さないといわれた女性も時代と共に変化する
結婚に縁の遠い女性とは、どういう条件を持っているのか?
「規格はずれ」の中に良い妻の条件が隠されている
夫の足を引っ張る妻には6つのタイプがある
自分の生き方に合う、いい結婚とは?
結婚しないほうが幸せな男のタイプもいる
「より良い結婚のための離婚」といふ形もある
家庭の問題解決に、具体的知恵を出せる女性は絶対手放せない



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP