Menu ▼



メニュー

家庭の問題解決に、具体的知恵を出せる女性は絶対手放せない

★ 妻としていちばんまずい女性は「困ったわね。あなたいったいどうする気なの」という女性です。「困ったわね。じゃあ、こうしたらいかがですか」。これをいえる女性が、人生長い間、男に勇気を与えるのです。



つまりに頼り切るということではなく、妻からそういわれると、救われるというところが、男にはあるのです。慰めもしないのは論外として、ただ、慰めてくれるのが、これまでの良妻でした。しかし、どんなピンチでも何か方法論を出すのが、これからのいい妻ではないか、と思われます。

★ 家庭の問題も、昔は決定権は一家の主人が持っていましたが、今はむしろ、妻に移行しつつあります。子どもの教育問題などは、ほとんど妻に任せっぱなしにしている夫が、多いものです。

しかし肝心なところになると、妻は夫に「どうしましょうか」と、相談をもちかけてくるものです。ところが、ふだん家庭問題に慣れていない夫は、これに適切な答えができないことが多いものです。

息子が大学受験に失敗した。浪人を認めるかどうか、送球に決めなくてはなりません。

夫は「浪人させたらいいじゃないか」という気持ちに傾いているが、そう言い切ってしまうことに迷いもあります。そういうとき、夫の気持ちを察して「浪人させてもいいじゃないですか」の妻のひと言で、夫が助かる場合があります。



★ 昔の妻は、ただ夫の決定を待つだけでした。今はそれだけでは、夫のパートナーとしての役割を果たしているとはいえないのです。

男女雇用機会均等法ができたということは、男と女の性差を、雇用の場でなくそうということです。家庭においても、以前はあった性による役割分担が、ほとんど取り払われました。このことは女性にとって、権利の拡大であると同時に、義務の発生なのです。

家庭経済についても、財布を預かる主婦はただ可処分所得を握って、なしくずしに使うだけでなく、預金、保険、株その他のプランを立てる。今、株式情報や財テクに熱心なのは、男より女のほうで、現に家計の決定権を妻が持つ家庭が増え、半分以上にもなっています。

「生命保険は、こういう入り方が、老後資金をためるには、いいみたいよ」
「子どもの教育費用に、積み立て貯金を始めてみようと思うの」



主婦の役割は掃除、洗濯、炊事といわれてきましたが、以前と違ってこれらは、今はほとんど機械化、省力化されています。負担は、昔と比べものになりません。

だから、主婦のパート、アルバイトも急増しているわけですが、夫との意思の疎通を欠いて、パートで稼いだお金を、自分の楽しみだけに使ってしまうようでは、先へ行って思いやられます。家庭経済の運営は、妻が主役になって、夫を安心させてくれる妻が良い妻なのです。

これまでは家庭経済に付いて、女が主役になって考える、あるいは夫に代わって実行するという視点が欠けていました。妻は夫から給料を受け取り、ただ何となく使い果たす。サラリーマンは、それでも毎月給料が入ってくるので、とんでもない借金でもこしらえなければ、暮らしは成り立つかもしれません。

しかし、子どもの受験や自分たちの老後のことを考えれば、日々是好日と、のんびりしていられないはずです。





結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音
【女の知らない男の秘密】
男と女の心身の違い
「優しい男」は女の本能を満足させない
オスは生物学上、みな浮気性
男と女の恋愛に対する考え方の違い
男は浮気しても本気にはならない
男はなぜ自分の一物にこだわるのか?
女性のイメージチェンジは男を発奮させる
子どもが欲しいときには、男を空腹にさせよう
【恋の誤解はなぜ起きるの】
男の恋に関する女性の誤解と勘違い
男の恋愛行動に関する女性の誤解と勘違い
男の恋愛感情に対する女性の誤解と勘違い
男女を結び付けているものは何?
男も女も恋の麻薬は必ず切れる
麻薬が切れると新たな刺激を求めて他の異性に走る
【男はこんな女性の外見・しぐさで本性を見抜く】
口、耳、目、鼻で、女性の本性・心理は見抜ける
「性格のいい・悪い」は顔を見るだけでわかる
口紅の色がクルクル変わる女性の心理
女性の本当の魅力は、デートの仕方でわかる
可愛い「甘え型」か、うるさい「非難型」かを結婚前に見抜く方法
「夫を侮辱する妻」になる女性の五つの口癖
【結婚適性の高い女性か低い女性かを常にチェック】
あとで必ず後悔する4つのパターンのつき合い方
美人を妻にするとき必ず覚えておかなければならない点
社内結婚では女性の反面しか見えていないから要注意
【男は女性との相性の良し悪しをこうやって見分けている】
相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【T】
相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【U】
目ざわりな相手よりももっと深刻な「耳ざわりな人」
歩く速さのテンポやリズムで「生き方」や「人生観」の相性がわかる
部屋の不潔さの感じ方や育ちの違いでも夫婦決裂の危機もある
相性がいいかどうかを単純に推し測る方法
性格が正反対でも不思議とうまくいくカップルもある
【男が考える「恋人にしたい女」「妻にしたい女」
「足を引っ張る女」とは?】
女性には「意外な素顔」が潜んでいる
結婚に適さないといわれた女性も時代と共に変化する
結婚に縁の遠い女性とは、どういう条件を持っているのか?
「規格はずれ」の中に良い妻の条件が隠されている
夫の足を引っ張る妻には6つのタイプがある
自分の生き方に合う、いい結婚とは?
結婚しないほうが幸せな男のタイプもいる
「より良い結婚のための離婚」といふ形もある
家庭の問題解決に、具体的知恵を出せる女性は絶対手放せない



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP