Menu ▼



メニュー

美人を妻にするとき必ず覚えておかなければならない点

男は基本的に面食いですから、美人には弱いものです。顔形が美しければ、性格は問いませんという男性もいます。見目麗しければ心もきれいに違いないと、漠然と考えている人もいます。

ですが、美しいバラには棘があるのも事実です。美人の妻をもらったばっかりに、一生苦労することもあります。



美人を妻にするときの注意点


女優の心を持つ女は要注意


美人を妻にしたいと思うなら、次のことだけは覚えておいたほうがいい、という点が一つあります。それは「女優の心を持つ女は要注意」ということです。

よく知られているように、女優はよく離婚しています。結婚しても、妻じゃなくて女優なのです。その行動原理は、人から良く見られたい、人の視線をより多く集めて欲望が強く、一人の男の視線だけでは満足しないということです。

他人の視線で満足することが最優先


よく女優は、いろんな男と浮名を流しますが、多くの視線を浴び、チヤホヤされる女優の欲望を満たそうとした結果が、離婚や男性遍歴の形となって現れるのです。そして女優でなくても、女性というのは大なり小なり、「女優の心」を隠し持っていることに、注意しなければなりません。そして、美人になればなるほど、その傾向は顕著となるのです。

「女優の心」の最たるものは何かといえば、それはナルシズムです。自己陶酔なのです。その自己陶酔の証を他人に求めずにはおられず、人から絶えず賞賛を浴びていないと気がすまないのです。

たとえば、デートしていて、急に不機嫌になったりします。理由はきょうは美容院へ行って、髪の毛をいつもより念入りに整えてきた。それなのに、男のほうはちっとも気がついてくれない。それが不満で不機嫌になるのです。

「あなたって鈍感なのね」
男は、女性のそうした変化には鈍感なものです。前のデートのとき、どんな服装をしていたかはともかくとして、イヤリングやネックレス、靴、ハンドバッグなどは、いちいち覚えていられません。髪型だって極端に変われば別ですが、微妙な変化など気がつかないものです。

他人に賞賛されないと不満


ところが「女優の心」を持った女性は、自分の変化について他人はすべて気がつき、賞賛しないと不満なのです。

だから、つねに観察眼を働かせて「それはいいね」「変えたんだね」「素晴らしい」「ステキだ」といい続けないとむくれるのです。こういう女性と結婚してしまったら、もう男はくたびれ果ててしまいます。

それでも天下の大女優と結婚するならいいでしょうが、単に「女優の心」を持っただけの女性だとしたら、まともな男なら「やってられねえや」ということになります。遊び相手としては最高でも、結婚相手としては、よほどそういうことに神経の向く男でない限り、大変です。

女優の結婚相手を見ると、医者、弁護士、実業家と、社会的ステータスの高い職業が多いものです。これは、自分の価値を高めるのにプラスになるからで、自分が好きになった人がたまたま医者であった、弁護士であったというより、そういう人間しか好きにならないのです。







結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音

【結婚適性の高い女性か低い女性かを常にチェック】

あとで必ず後悔する4つのパターンのつき合い方
美人を妻にするとき必ず覚えておかなければならない点
社内結婚では女性の反面しか見えていないから要注意






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP