Menu ▼



メニュー

結婚に適さないといわれた女性も時代と共に変化する

結婚に適さないといわれた昔の条件


昔から「結婚するのに適さない女」の条件としては、次の条件があげられていました。

@ 性格的に可愛くない女性
A 内面を大切にしない女性
B 礼儀・マナーをわきまえていない女性
C 家計維持がうまくできない女性

性格的に可愛くないというのは、あくまで男から見ての話であり、要は生意気なタイプと言えるでしょう。

内面を大切にしないというのは、いわば外面ばかり飾る女性のことで、ベタベタと厚化粧する女性、また、礼儀、マナーは、挨拶、喋り方などが粗野であったり、規格はずれだったりする場合です。

たとえば、夫が朝、出勤で急いでいるのに、夫より先に新聞を読む、あるいは夜、先に風呂に入るなどです。家計維持では、家計簿がつけられない、金づかいが荒いといった点です。

こうした条件が揃っていると、これまでは「良い妻になるとはいえない。お嫁さんには向いていない」というレッテルを貼られたわけです。



いい妻の条件も、時代によっては矛盾が多い


これらがダメだとすると、その反対はいいということになったわけです。つまり、
@ 性格的に可愛い
A 内面の美しさを持っている
B 礼儀、マナーを心得ている
C 家計簿がつけられ、お金にしっかりしている

これだけそろえば妻になれる、ということになったのでしょうが、いざ現実の人間に当てはめてみると、たちまち矛盾してきます。

長いこと生活を共にしていれば、性格的に可愛いといったって、ただ可愛いだけでは困ることになり、ときにはシンの強さを見せてもらいたいと思うようになります。

内面がいくら美しくたって、やっぱり外見も大切だ、という気になるものです。礼儀、マナーを心得ているのはいいですが、いつも杓子定規にやられては、息がつまります。ときにはハメをはずしてくれたほうが楽しいし、可愛いものです。

家計簿をきっちりつけるのもいいですが、理路整然と、夫の小遣いを半分に宣言されるとなると、いったいどっちの性格がいいのか、わからなくなってきます。


妻に適した条件は時と場合によるもの


本当のことをいえば、こういう条件は時と場合によるもので、いつもいつもご立派では、人間は楽しくなくなってくるものです。

それに教養があり、常識もあり、趣味もよくて、人生の指針を持っていて、会話も上手いし、おしゃれ上手で料理や掃除もテキパキと片づける。そういう条件にこだわっていては、「いったい自分は何様だと思ってるの」といわれてしまうことになりかねません。

一つひとつはしごくもっともで、正しくあっても、それをただズラズラ並べて「こういう人が私はほしい」というのは、世の中を知らずに、良妻を望んでいる証拠で、これではいくら待っても誰もきてくれないでしょう。








結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音

【男が考える「恋人にしたい女」「妻にしたい女」
「足を引っ張る女」とは?】

女性には「意外な素顔」が潜んでいる
結婚に適さないといわれた女性も時代と共に変化する
結婚に縁の遠い女性とは、どういう条件を持っているのか?
「規格はずれ」の中に良い妻の条件が隠されている
夫の足を引っ張る妻には6つのタイプがある
自分の生き方に合う、いい結婚とは?
結婚しないほうが幸せな男のタイプもいる
「より良い結婚のための離婚」という形もある
家庭の問題解決に、具体的知恵を出せる女性は絶対手放せない






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP