Menu ▼



メニュー

夫の足を引っ張る妻には6つのタイプがある

夫の足を引っ張る妻には6つのタイプ


電話の受け答えが悪い妻


会社の上司などから電話がかかってきたとき、上司の名前も知らず、どなた様ですか、などと受け答えしているようでは非常に損をしています。

これは単に受け答えが失礼とか、そういう問題ではなく、そこに表れた夫婦のあり方が、他人に危惧を抱かせるのです。つまり、妻と夫とのコミュニケーション不足です。要するに妻に自分の仕事の何たるかを教えていないのです。

政治家の妻は、夫が一票でも取れるように、一年じゅう神経を張り詰めているものです。農家の妻も、サラリーマンの妻も、医者の妻も、夫の職業上の特性を理解して、それなりの家庭を設計しているのです。

とくに電話はどんなエライ人から、どんな重要な用件でかかってくるか、わからないものです。いかなるときも、けっして失礼のないように応対が必要です。そんな常識もない妻だとすると、夫もたいした男ではないと思われても、仕方ないでしょう。



他人を悪くいう妻


家の中でブツブツいっている分には、外の人にはわからないし、それほど問題にならないのではないかと、思われるかもしれません。ところがそうではないのです。いつも妻から否定的な言葉を聞かされていると、それが暗示となって、夫の考え方にも、微妙に影響を与えずにはいないものです。

人のいい面よりも、悪い面ばかり目がいくようになってしまうのです。これでは人間関係をまずくすることはあっても、良くすることはありません。夫にとって、プラスにならない妻なのです。


夫を管理しすぎる妻(カカア天下)


こういう妻は、なぜ帰宅が遅くなるのか、なぜ小遣いがすぐなくなるのか、問いただします。帰宅恐怖症の夫は、管理妻に対するはかない抵抗といってもいいでしょう。しかし、こんなことに、男が神経とエネルギーをつかっているようでは、とうてい男は伸びられません。いい仕事もできなくなります。

夫の健康管理を考えない妻


働き盛りの年齢は、人生でいちばんストレスが多い時期だし、体は徐々に老化へ向かっていますから、成人病にかかりやすいのです。食事、運動、睡眠、リラックスと、あらゆる面で健康管理が求められます。

週一で休肝日を設けて、アルコール類はその日いっさい控えるように、また、脂っこいものが続くことには、気をつけたいものです。そのためには当然、妻の協力と心配りが必要となります。



セックスをさせてやるという態度の妻


いったい、どうしてそのような関係になるのかは別にして、意外に忘れ去られているのが、性的関係と仕事のバイタリティとの関係です。「男を奮い立たせる最大の原動力は、女を喜ばせたいという願望である」(ナポレオン・ヒル)

しかし、これには注釈がいります。女性を喜ばせるといっても、毎晩ベッドで喜ばせることではありません。そういうことはせいぜい30代までで、40代になったら、性のほかに、社会的地位とか経済的余裕とかも、女性を喜ばせることに加わってくるのです。

それを実現するためには、性に向けられるエネルギーを、仕事に転換する必要があります。というより、多くの人はそうやって、地位や名誉や富を築いてきているのです。

フロイトではありませんが、そのために不可欠なのは性的エネルギーです。ところが、性の主導権まで妻に握られて、「させていただいている」ようでは、とても人並み以上のエネルギーは生まれません。むしろ、どんどん衰退していって、男の抜け殻になってしまいます。

主導権は夫に与え「あなたは強い男だ」といい続けて、夫に自信を持たせるのが、男を伸ばす妻なのです。それができない妻は、大きな可能性を持っているかもしれない夫を、ダメにしてしまいます。逆に男としては、そういう妻を持ってしまったら、自分の能力をしぼませてしまうことになり、大変損です。

夫をバカにしている妻


こんなのは論外ですが、実際には多いのです。バカにする仕方は二通りあって、ひとつは肉体的な面でバカにする妻です。もうひとつは「給料が安い」「学歴がない」「中小企業だから」「出世が遅い」といったことで、精神的に痛めつける妻です。これをやられて伸びる男は天才でしょう。

たしかに男は、家に帰ってくると、さっそうとしたビジネス戦士の面影はないものです。ステテコ一枚でゴロリと横になって、テレビを観る、平気でオナラをする、風呂から上がると裸でマンガを読む。

妻からすれば、尊敬すべき点は、どこにもないような夫の姿です。しかし、それは許してやるべきことなのです。妻の前でバカを見せられるのは、それだけ妻に心を許しているからにほかなりません。








結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音

【男が考える「恋人にしたい女」「妻にしたい女」
「足を引っ張る女」とは?】

女性には「意外な素顔」が潜んでいる
結婚に適さないといわれた女性も時代と共に変化する
結婚に縁の遠い女性とは、どういう条件を持っているのか?
「規格はずれ」の中に良い妻の条件が隠されている
夫の足を引っ張る妻には6つのタイプがある
自分の生き方に合う、いい結婚とは?
結婚しないほうが幸せな男のタイプもいる
「より良い結婚のための離婚」という形もある
家庭の問題解決に、具体的知恵を出せる女性は絶対手放せない






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP