Menu ▼



メニュー

結婚に縁の遠い女性とは、どういう条件を持っているのか?

では、結婚に縁の厚い女性と縁の薄い条件とは、どんなものなのでしょうか。
とくに現代の縁遠い女性の条件としては、次のようなものではないでしょうか。



現代の縁の遠い女性の条件


自分に自信のない女性


これはいちばんダメな条件です。かりにブサイクでも、心の底で「自分はけっこう見られる」とひそかに思っている女性がいます。一方、けっこう美しいのに、なぜか容貌に、強い劣等感を抱いている女性がいるとします。

この二人を並べたとき、たとえ少しくらい美人でも、自信のない人間から選ばないほうが賢明です。単に容貌の問題だけでなく、性格的に欠陥があって、人とのつき合いが少ないはずです。どうせ選ぶなら、自分に自信を持った女性にするべきです。


会話の下手な女性


会話の上手下手は、教養の問題よりもセンスの問題です。表現が上手くない、ユーモアに欠ける女性は、一緒に暮らしていてイヤになるものです。イヤになればケンカになって、お互いますますイヤになっていきます。会話のセンスは、とても重要な点だといえます。


実家が「いい家」でない女性


「貧乏人間の結婚式では犬も騒がない」という、西欧の諺があります。夫がマスオさんになろうと思えば、なれる条件が望ましい。すべて男女平等になってきている時代に、妻の実家からの援助がまったく望めない、または妻の実家に、夫が暮らす余裕がないといったケースでは、苦しいものがあります。


家事が趣味とはっきりいう女性


一見、けっこうな話に聞こえますが、良妻賢母の残党みたいな女性です。男から見ると家事というのはけっこう楽しい。しかし、女性が家事が趣味というのは、どこかうさん臭いのです。

なぜかというと、本当に好きだとしたら、まず性格的に暗く、引っ込み思案の性格である可能性が大きいからです。外の世界を知らない、狭いカラに引きこもったタイプということです。

ただ、「家事が趣味」ということと、「家庭的」ということは違います。「家庭的」は悪くありません。理想は「家事も好きよ」くらいの女性です。そういう女性のほうが要領が良くて、テキパキやってくれます。一日じゅう家にいて、家事にいそしんでいる女性と暮らすのは、意外としんどいものです。




ベッドインでの行為に潔癖すぎる


性的におおらか過ぎるのも困りものですが、「夜が怖い」型の性的恐怖症、あるいはあまり潔癖すぎるのは避けたほうがいい。

本当に潔癖だとしたら、本人も相手も夫婦生活が無味乾燥で、面白くも何ともないでしょう。また、潔癖をよそおうのがポーズの場合があって、そのときは、何か隠したい欠陥がひそんでいることが多いものです。


何ごとも丁寧すぎる女性


どこかの華族のお姫様ならともかく、やたら丁寧なのは疲れます。また、そういうタイプに限って、柔軟性のないものです。美人でこれといった欠陥もないのに、縁の遠い女性によくこのタイプを見かけます。

また、はじめて会うのに、長々くどくどと話す女性がいます。この実質時代の中で、いつ結論が出てくるかわからない女性は、やはり縁が遠くなってしまいます。「過ぎたるは及ばざるがごとし」の典型例です。


遊び嫌いな女性


単に都市型消費生活になじみがないだけなら、夫と一緒に遊ぶことでそのうち慣れてきますが、遊ぶこと自体が嫌いだというのは、今は、妻としてふさわしくありません。

遊びは、人とのつき合いの部分がけっこうあるので、遊びが嫌いということは、即、住む世界が狭くなることにつながります。夫もそうだというならともかく、普通の場合は、適度に遊び好きでないと、楽しい結婚生活が長く続きません。


何でも男に任せる女性


「私は女。女は男を頼るのよ」とばかり、男に頼り切ってくる女性もこれからはダメです。だいたい、今は男のほうが頼りなくなってきています。二人で当てにしあっていたら、仮定は崩壊です。

それに女性の依頼心には、下心があるもの。頼り切っているように見えるのは、それがいちばん楽だからというケースが往々にしてあります。

今どき一人前の女性が、男性に頼り切らなければ生きていけないなど、デキの悪いドラマの中にしかないはずなのです。もし本当にそうだとしたら、そういうミイラみたいな女性は、妻としてふさわしくないでしょう。

★ これらの条件を備えていれば、今どきの妻には向かないタイプといえるし、結婚したら「きっと男が苦労するぞ」というものです。不思議なことに、これらの条件は、ちょっと視点を変えると、かつての良妻賢母の条件であったことがわかります。








結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音

【男が考える「恋人にしたい女」「妻にしたい女」
「足を引っ張る女」とは?】

女性には「意外な素顔」が潜んでいる
結婚に適さないといわれた女性も時代と共に変化する
結婚に縁の遠い女性とは、どういう条件を持っているのか?
「規格はずれ」の中に良い妻の条件が隠されている
夫の足を引っ張る妻には6つのタイプがある
自分の生き方に合う、いい結婚とは?
結婚しないほうが幸せな男のタイプもいる
「より良い結婚のための離婚」という形もある
家庭の問題解決に、具体的知恵を出せる女性は絶対手放せない






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP