Menu ▼



メニュー

お金持ちを妬む根性は既に貧乏根性

貧乏人というのは、自分は何の努力もしないで、ただお金持ちを妬んだり、僻んだりする人が多いですが、こういう妬み根性を持っているような男とは、絶対に結婚すべきではありません。

こういう人間は、お金持ちを妬むだけの何の向上心も奮発心もなく、ただ不満とグチだけを言いながら一生を終える可能性があるからです。

今、お金がなくても、将来性のある人は、決してグチなどいわず、しっかりした人生計画を立てて、その目標に向かって一直線に突っ走り成功に導くものです。



お金のない人は社会的貢献を何もしていない


何の努力もせず、能力もない人は、お金持ちから税金をとって、お金のない者に再分配すればよいと言うでしょうが、お金持ちは既に大きな消費をしていることで経済発展に貢献しているし、株式を買っては、企業の成長にも貢献しているのです。

お金のない人は、社会的貢献をほとんどすることなく、消費で社会に還元することもなく、どうしようもない寄生虫なのです。

お金持ちは、社会的サービスを与える貢献度が大きいから、それに見合う所得を自然に得ているのであり、それを増税でいじめるようなことをすれば、国の発展はますます危うくなるし、たとえ貧乏人に再配分しても、パチンコ等ですってしまうだけで、何の貢献もありません。

お金持ちは貧乏人からお金を巻き上げたりしない


世の中にはお金持ちは、貧乏人から金を巻き上げて、お金持ちになっているという錯覚している人がいますが、決してそんなことはなく、自分の能力を精一杯活用しているだけなのです。

かつて民主党が政権をとったとき、子ども手当てがどうのこうのと取りざたされたことがありますが、これなどは端的に言って、お金持ちから税金を集めて、「子どもを育てる能力もない夫婦にお金を上げる」ことなのです。

貧乏は、単にお金がないというのではなく、社会に何も貢献していないので、「悪」なのです。

そういう「悪」から脱するためには、あなた自身にお金がなくても問題はなく、将来性のある男を見つけたらよいのです。

「お金持ちになりたい」という強い意志のない者は、何百年生きようともお金持ちになることはできません。

また、「お金がなくても、キミがいれば幸せだよ」なんて、子ども染みたことを言うような男は救いようがないので、要注意ですよ。
「お金持ちはすごいな」といえる彼なら、大丈夫。





失敗しない結婚相手の選び方(22記事)
お金持ちを妬む根性は既に貧乏根性
結婚相手が我慢強くて辛抱ができ、志のある男なら間違いない
共働きを当たり前だと思う男と結婚してはダメ
結婚相手が女性を抱く暇もないくらい忙しい男なら間違いない
男の価値と信頼は、食事へのこだわりでわかる
結婚相手はいつまでも信頼できて尊敬できる人


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP