Menu ▼



メニュー

男女共働き」を当たり前だと思う男と結婚してはダメ

今は、女性も働く時代というのが、常識的な言葉になっていますが、こんなことは絶対ありえません。

それは、少子高齢化で、人手不足となってきたため、女性を家から外に出すための口実で、政府とマスコミが作り出した幻想なのです。



子どもの教育が女性の役目で働けないようにできている


結婚をして、子育てをしっかりして社会に役立つ人間にしていくには、中途半端に二人が働きながらできるほど安易なものではなく、子育てという仕事を女性が立派にこなす必要があるのです。

それなのに、若い女性は「二人が働いて好きなような生活をするのが当たり前」と思っているのは、ちょっとおめでたい話です。

女性が働くにしても40歳ぐらいまで


たとえば、あなたが25歳前後の女性としましょう。

まだまだ体力にも自信があって、会社ではバリバリ働いているし、アフターファイブではカラオケでフィーバーし、休日には、好きな旅行にも出かけるなどして人生を謳歌できるでしょう。

また、あなたが美人なら、いくらでも恋愛ができて、若いいい男も寄ってくるでしょうし、肉体関係だって好きなだけ結ぶことができるでしょう。
確かに楽しいでしょう。ですが、これが続くのも40歳までです。

女性も40歳を過ぎれば、若い男から相手にされない


40歳を過ぎれば、もう若い男からは相手にされず、また、若いときに遊んでいた分、一流の男も見向きはしません。

たとえ見合いをするにしても、相手が再婚者か、そうでなければ、ハゲかデブかマゾコンと相場は決まっています。


50歳代になれば、体力的にも衰える


もうお分かりのように、体力や知力も衰えてきて、残業なども苦痛になる年齢です。それだけでなく、女性特有の更年期障害とか子宮がん、乳がんなどといった病魔にも襲われやすく、体力的にも男性よりも早く衰えます。

お金といえば、給料もさほど多くはなく、逆に化粧品や服装、アクセサリーなどは年相応の出費を余儀なくされるため、経済的にも苦しくなります。

退職するまで働くと会社のお荷物


そして、退職まで働くとなると、明らかに会社のお荷物的な存在で、間違いなくかっこいいキャリアウーマンなどではなく、負け組みなのです。

働く女性がかっこよく見えるのは、テレビドラマの影響であり、若いピチピチの女優さんが演出するからいいのであって、現実に60歳のキャリアウーマンが出たら、誰がテレビなど見るでしょう。誰もがテレビをオフにしてしまうでしょう。

たとえ、大学を出て一時働くにしても、男女共働きが当たり前などと思わないことです。




失敗しない結婚相手の選び方(22記事)
お金持ちを妬む根性は既に貧乏根性
結婚相手が我慢強くて辛抱ができ、志のある男なら間違いない
共働きを当たり前だと思う男と結婚してはダメ
結婚相手が女性を抱く暇もないくらい忙しい男なら間違いない
男の価値と信頼は、食事へのこだわりでわかる
結婚相手はいつまでも信頼できて尊敬できる人


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP