Menu ▼



メニュー

結婚相手は愛を語る男より、お金のある男

今の若い女性は、「愛がすべてよ」「愛があればそれ以上何もいらないわ」と言って結婚する人がいますが、確かに、「愛があれば」は美しい言葉であり、心地良い響きを持っています。

ですが、これだけの言葉の響きのために、最後は何人のカップルが別れてしまったことでしょう。
美しい言葉だけでは、二人の家庭生活に潤いを与えることはできず、やはりお金がないとダメなのです。



愛という言葉だけでは、結婚生活を維持できない


お金のない苦労は、観念としての苦労ではすまず、現実問題として、さまざまな問題を投げかけてきて、夫婦喧嘩は絶えることなく、仕舞には離婚騒動、あるいは借金地獄、はては心の病になり、結婚生活が破滅していくのです。

それだけなら良いでしょうが、離婚して子どもを抱え、最後は自分の子どもさえ殺してしまうというおぞましい結果になるのです。これなどは、いつも新聞記事に出ているから見られているでしょう。

ですから、「愛さえあれば、あなたとの苦労など平気だわ」と思って、一生懸命、結婚当時のように愛していても、相手の男が貧乏性で何の努力もせず、仕事もできなければ、どうしようもありません。

男にお金がないのは、人間に首がないのと同じ


男に金がないのは、人間に首がないのと同じで、生きる方向性が定まらないようなものです。

男には、お金がいるのです。名誉や権力も必要だという人がいますが、そんなものは生活するうえで何の役にも立ちません。それよりもお金があれば、名誉でも地位でも買うことができるのです。


賢い男は、「金持ち喧嘩せず」を知っている


ですから、賢い男は、20代ではそのことをしっかりと認識しており、それを得るために日々努力を重ねているはずです。

お金がないからこそ、夫婦喧嘩が始まるし、ちょっとしたモメゴトが大きくなり、さらに大きくなれば、国と国との戦争に発展するもので、これもすべて経済力を求めて起こるのです。

金持ち喧嘩せず」といいますが、お金持ちになれば、心に余裕があるため、少しのことで喧嘩する必要はないのです。
今日は「お寿司が食べたいわ」といえば、上トロを食べればいいし、「肉がいいわ」と思えば、毎日ステーキを食べればいいように、すべてはお金で解決できるのです。




失敗しない結婚相手の選び方(22記事)
結婚相手にふさわしい男性の7つの見極め方(まとめ)
女慣れしている男の15個の特徴・注意点(まとめ)
幸せな結婚相手の決め手になるもの(まとめ)
女性を幸せにできる男性の基本的な特徴と共通点(6個)
女性を幸せにする「いい男」の4つの見極め方
一方的に愛するだけでは幸せになれない
結婚相手は愛を語る男より、お金のある男
イケメンは3日で飽き、貧乏男は一生ついて回る
「私のどこが好き?」と聞いたときの返答で、彼の本音がわかる
男の価値は、自分の素質才能を駆使して稼ぐ能力に比例


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP