Menu ▼



メニュー

結婚相手が我慢強くて辛抱ができ、志のある男なら間違いない

『堪忍の 袋をおのが 首にかけ 破れたら縫え 破れたら縫え』という古歌があるように、
破れたら何回でも縫うて縫うて我慢強く辛抱していると、必ず風向きが変わり、自分に有利な追い風が吹いてくるという趣旨の歌です。

人生の大事なときに、辛抱ができなかったら、これまでの苦労が水の泡になることは、いくらでもあります。

会社では、営業成績が悪いといっては上司に嫌味を言われては怒鳴られ、同僚からはバカにされ、家に帰れば給料の金額が生活費に足りないと妻から尻を叩かれ、ほんとうに机のひとつでも叩きたくなるような心境になることが多々あるものですが、こんな時こそ、辛抱が大事です。



辛抱・我慢・志があれば、男は大成する


ただし、辛抱だけ重ねてみても、何ら将来が開けるわけではありませんので、ここは、大きな志を立てて、それに対する地道な努力をして、時節が来るのを待つ姿勢が大切です。

そういう志がなければ、辛抱や我慢だけで浮かばれるほど世の中は甘くありません。

男がお金持ちになって大成するには、「我慢」と「志」が必要です。

ダイエットをするにも、ギャンブルをするにも、女遊びをするのも、我慢ができるかできないかで、結果としては大きく違ってきます。

仕事が続かないのは我慢のできない男


仕事が続かない男というのは、とにかく我慢ができず、上司に文句を言われたといっては、すぐに会社を辞めてしまうような輩です。そういう男は、他に目指すものがあるのかといえば、何の目標も志もなく、日々無駄に過ごして空気を吸っているだけです。

大学は卒業したものの、「やりたいことが見つからない」とか「好きなものがない」という、羅針盤のない船に乗っているのと同じで、いつ氷山にぶつかるかわかったものではありません。

このようなどうにもならない男で、あまりにも幼稚すぎる男とは即刻別れることがあなたのためです。

我慢と志のない人間には、お金は集まってこないのです。

若いうちは、相性が良いとか、フィーリング合うとか、あるいはイケメンが好きだとかいうことで、交際するようになるのは、やむを得ませんが、これはあくまで、男を品定めするための訓練と割り切って接するのがよく、結婚だけは別で考えておきましょう。

結婚は一時の激情でできますが、結婚生活の苦労は死ぬまで続くか、別れるまで続くのです。




失敗しない結婚相手の選び方(22記事)
お金持ちを妬む根性は既に貧乏根性
結婚相手が我慢強くて辛抱ができ、志のある男なら間違いない
共働きを当たり前だと思う男と結婚してはダメ
結婚相手が女性を抱く暇もないくらい忙しい男なら間違いない
男の価値と信頼は、食事へのこだわりでわかる
結婚相手はいつまでも信頼できて尊敬できる人


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP