Menu ▼



メニュー

女性には、女としての幸せと母親としての幸せがある

女性は、生まれてから何度も劇的に変わる生き物です。
★ 「性」を知る前は子ども。
★ 「性」を覚えて、男に尽くすようになってからは、「女」。
★ 妊娠し、子どもを出産すると、「母親」。


女が、もっとも幸せになるためには、「母親になること」ではないでしょうか。自分の子ども虐待するような時代ですが、普通に母性がある女性は、自分の子どもにメロメロになれます。それはとても可愛いものです。

小さいうちは、「ママ!」と言って抱きついてくるものです。どこの世界に、あなたに抱きついてくる人間がいますか。子どもだけなんですよ。そんな可愛い子どもとの純愛が、「生きていて良かった」と思わせる至福のときともいえるでしょう。
それは、太古の昔から女性が抱き続けていた「幸せ」なのです。



結婚して母親になるのは簡単


現在では、男たちが結婚相談所に駆け込む時代で、結婚したい男はうじゃうじゃいます。その男たちが、すべてダメ男というわけでもなく、結婚すれば、優しく養ってくれる男も多いはずです。

女性も、不況に弱くなってきたので、負け犬になるまいと結婚を希望しています。だから、男を選ばなければ、結婚することはそんなに難しいことではないでしょう。母親になりたい人は、真面目に結婚について考えて、お見合いでもいいから結婚すべきです。


母親とは別に、女としての幸せもある


ベッドインはしても、妊娠、出産はせず、いい男の言動や財力、性的快楽に耽り、黙々と美を磨き続ける人間です。これが女性のなかの「女」という部分です。
彼女たちは、ずっと美しい。

おばさんにならず、社会性を携えたまま、上品に、色っぽく街をあるき、いつまでも脚は細く、ウェストは締まり、華やかな下着を着け、その肉体で、男を快楽の世界に導くのです。

一方、子ども連れの母親ともなれば、母親は上下ジャージで、若いのに体の線は崩れ、太り気味で、そして、子どもたちと喜色満面でマクドナルドに入るのです。それが母親の姿であり、ミニスカートをはいて子育てはできないのです。


女性の中には「ああはなりたくない」という人もいる


いつも「女」でいたいと強烈に思っているため、結婚をせずに、独身を続ける女性もいます。なかには、男に恵まれず、やむなく独身生活をしている女性もいます。ですが、美しいのに、独身でいる女は違います。

男がいるのです。それも強くていい男が。
その男の性的快楽に包まれて、ずっと美を保ち続けているのです。それを体で実感し、その魔法に酔いしれ、その快楽から離れられなくなっています。

★ それは女でいること
★ 母親を放棄したこと
★ 快楽主義に走ったこと
です。

幸せとは対極のその生き方は、いまの格差社会では、増えてきているのかもしれません。







今の彼との結婚前にこれだけは知っておこう
【結婚を知らなかったと後悔しないために】
結婚とは、現在でも家と家とのつながり
「結婚すればしっかりするはず・・・」は幻想に過ぎない
女性には、女としての幸せと母親としての幸せがある
いまの男たちは、結婚を人生の終着駅としか考えていない
結婚前に見極めておくべき「性」の相性
見合いをしたがる男たちの心理
結婚したら携帯やパソコンの最低限のルールだけは守ろう
夫の稼ぎに感謝できないと子供の教育もできない
「できちゃった婚」に未来はあるのか?






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP