Menu ▼



メニュー

夫婦円満の秘訣は男と女の違いを知ること

男と女の体の構造は正反対に創られている


男と女は、もともと正反対に創られており、社会での働き方、あるいは社会で果たす役割が全く違うということです。

そもそも女と男は体の構造が異なっているのです。

男は骨格もしっかりして筋肉質にできており、女は男のように力仕事をするようにはできていないし、ボクシングや空手や柔道といった激しいスポーツをするようにもできていません。

無茶をすると子どもを産めないような体になってしまうので、生来、女性の体は荒っぽいことには向いていないのです。要するに、人間という種が絶滅しないように、自然はそういう創りを女性にさせているのです。



男と女では精神構造も違っている


体の構造だけでなく、精神構造も全く違っているのです。

たとえば育児を見ただけでも分かるように、たとえ男が子どもをあやそうとしても乳が出ないのです。その一点だけでも男が育児に向かないことが分かるでしょう。

逆に、母親は赤ん坊の泣き声を聞いただけでお乳が張ってくる。赤ん坊が求めているのは、父親ではなく母親なのです。

男のゴツゴツした体に抱かれて喜ぶ子どももいません。心地が悪いから、赤ん坊はすぐ泣いてしまいますが、女性の柔らかい体に包まれますと、安らかに眠るものです。

それなのに、社会の風潮は、男女平等というスローガンの元に、女性を職場に駆り出させたり、男にも育児を強要したりしています。

最近の若い女性もそういう風潮を流行のように錯覚し、「男女平等、男女平等」と叫んでいるのです。


男女平等で子どもが非行に走る


生まれた子どもをほったらかして働くような女性のどこに、母性本能はあるのでしょうか。それとも自ら母性本能を男女平等の名のもとに封印してしまったのでしょうか。

子どもまでいるのに夫婦揃って働いている家庭があります。働いている妻は何の疑問もなく、当然、働くものと思って働いているのでしょうが、根本的に男と女の役割を知らないのかもしれません。

もちろん、金銭的に夫婦ともに働かざるを得ないケースはやむをえないにしても、生活できるお金は十分あるのに、子どもを保育園に預けて仕事に行く女性がいます。夫の給料だけで生活できるのに、「私はずっと仕事をしたい」と言って、子どもを保育園に預けて、満員電車に飛び乗るのです。

子供は4、5歳ぐらいまでは、母親がいつも側にいてやり、しっかり抱いてやることが必要なのです。
最近の犯罪の多くも、加害者の生まれた家庭環境などをテレビで見ていますと、その子の小さい頃に、親がほとんど子どもに構わず、保育園にまかせっきりだったというケースが多いようです。

夫婦円満は、男と女の役割を知ることから始まるのです。





結婚・夫婦のあり方(13記事)
結婚後の夫婦別姓は家庭破壊の元凶になる
夫婦生活円満の秘訣は二人だけのルールづくり
夫婦生活の円満には精神的向上が大切になる
男を生かすも殺すも女性の掌中にあり
夫・父親には、妻・母親とは違う役割と責任がある
妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある
芸能人の夫婦生活は演出されており、真似してはダメ
夫婦円満の秘訣は男と女の違いを知ること
性的興味がない夫について考えておくこと
夫も、妻も、我慢すべきことがある
女性には、ひとりの女性としての幸せと母としての幸せがある
夫の稼ぎに感謝できないと子供の教育もできない
夫婦は平等ではないのが天地の理



おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP