Menu ▼



メニュー

妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある

良妻賢母という言葉が、今では死語になりつつありますが、日本の古き良き時代には、良妻賢母が女性の目標であったところです。

さらに日本の女性には、知性豊かで清潔美を身にまとった大和撫子(やまとなでしこ)という立派な目標もあったのです。



それが、1960年代後半ごろから、アメリカで始まったウーマンリブ(女性解放運動)が盛んになり、それが日本にも女性の職場進出や社会参加をもたらすことになったわけで、それ自体が悪いことではありませんが、男女の性差をすべてなくしてしまうという極端なフェミニズムが起こってきて、社会のいろいろなところに歪が生じてきたのです。

フェミニズムでは、『実際、「母性」や「良妻賢母」といった言い方は、資本主義社会における男の有償労働を支える女の無償労働を美化し、奨励するために流布された神話である。

そこでは、男性とは異なる女性という存在を自分に都合のいいように作り替え、それに外れる者には「ヒステリー」などといった烙印を押して排除するシステム(父権制)が機能している。』などと主張しています。

男と女は生まれながらに性差があるのが当たり前であって、男と女は平等には創られていないのです。



創られていないといっても、「どちらが上でどちらが下」、あるいは、「どちらが尊くてどちらが卑しい」などということはなく、それぞれの役割分担が違うだけなのです。

本当の輝いた女性を取り戻すためには、もう一度、良妻賢母を見直されるのが良いでしょう。

良妻賢母とは

◇ 家族に妻や母としての考えや存在感を示すこと

◇ 妻は、常に夫より一歩下がって、夫を立てること

◇ 母親は子どものぎせいになることを 覚悟すること

◇ 笑いと会話のない家庭であってはならないこと

◇ 家族の幸福と健康を優先して考えること

◇ 感情でモノを言ったり、気分に任せて子どもに八つ当たりしないこと

◇ 友だちに夫婦のことを相談しないこと、ろくな結果にならない

◇ 家計を慎ましくして将来に備えること

◇ 子どもをカギっこにしないこと

◇ 礼儀作法は厳しくすること

◇ 添い遂げてこそ夫婦、安易に離婚をしないこと







結婚前にこれだけは知っておこう
夫婦別姓は家庭破壊の元凶
夫婦生活円満の秘訣は二人だけのルールづくり
相性がどの程度合っているかは事前に知っておこう
妻の精神的進歩が止まれば夫婦の会話はなくなる
男と女の「肉体的しくみ」と「性」の違いについて
本当の「性」とは生命が輝くことです
男を生かすも殺すも女性の掌中にあり
夫・父親には、妻・母親とは違う役割と責任がある
妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある
男としての生き方を確立しているか
男として女としての正しい生き方を知っておこう
芸能人の家庭生活の話を真に受けてはならない
男と女の違いを理解することが夫婦円満の秘訣
性的興味がない夫について考えておこう
夫も、妻も、我慢すべきことがある
【弱くなった男を支えるのが賢い女性の対応】
男は女に癒されることで能力が発揮される
性的関係の満足度は別れる理由になるのか
男の下半身が弱ってきたら根菜類が効く
気力の乏しい男には、野菜メニュー
男の肉体疲労には強壮・強精食材で活を入れよう
男も女も運動で下半身を鍛えておこう
【知らなかった!と後悔しないために】
結婚とは、現在でも家と家とのつながりである
「結婚すればしっかりするはず・・・」は幻想に過ぎない
女性には「女でいる幸せと母親になる幸せ」がある
いまの男たちは、結婚を人生の終着駅としか考えていない
結婚前に見極めておくべき「性」の相性
見合いをしたがる男たちの心の底には?
結婚したら携帯やパソコンの最低限のルールだけは守ろう
夫の稼ぎに感謝できないと子供の教育もできない
「できちゃった婚」に未来はあるのか?



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP