Menu ▼



メニュー

男を生かすも殺すも女性の掌中にあり

男と女の本質は「陽」と「陰」でまったく正反対のエレメントで構成されているのに、現在は、男女同権ということが大きくクローズアップされて、何でも男と同じようにすることが正しいという思想が蔓延しています。



マスコミでも、当然のように取り扱っていますが、男と女は体の構造からして「凹」と「凸」でできており、電気で言えば、「プラス」と「マイナス」というように、男と女は本質のすべてにおいて正反対なのです。

これらを理解せずに、表面的な同権だけ主張しようとするため、社会問題でも家庭問題でも歪みが生じてくるのです。

世の中には女性上位で、男を自分の意見に従わせようとする女性がいますが、これでは家庭が円満になることはないのです。女性が男を立てていない夫婦は、男の大事なものも起たなくなって不能に陥る男性もいます。

一方、男性に素直に従っていく謙虚な気持ちの女性は、本来の陰陽の道に適いますので、男性に身も心もすべてを捧げた瞬間、彼女はかえって男性を意のままに操っているのです。




このことを「柔よく剛を制す」と言い、女性が男性に素直に従えば、男はその女性のために身命を投げ打ってまで女性を守ろうとする気持ちが強まるのです。

このように男性に捧げることの成果は、男性と突っ張って張り合った成果などよりも、格段に大きなものがあります。

男を奈落の底へ落とすのも、また男を天国へ引き上げるのも、女性の力に負うところが大きく、女性の気持ち一つで、男の気持ちは善にも悪にも突き動かされるのです。

男性を犯罪に走らせるのも、反対に男の夢を花開かせるのも、その原動力になるのは、女性の力であり、本当に女性は偉大なのです。
女性が、自分の体を利用して、金目当てで男を誘惑すれば、男は地獄まで道連れにされることがあり、「すべての犯罪の裏には女性がいる」と言われているのは、このことであります。

反対に、男が社会で大きな活躍をしたり、人のできないような研究成果を上げたりする裏には、必ず女性の存在があるもので、つねに男の気持ちを奮い立たせて男を成功するように駆り立てているのです。







結婚前にこれだけは知っておこう
夫婦別姓は家庭破壊の元凶
夫婦生活円満の秘訣は二人だけのルールづくり
相性がどの程度合っているかは事前に知っておこう
妻の精神的進歩が止まれば夫婦の会話はなくなる
男と女の「肉体的しくみ」と「性」の違いについて
本当の「性」とは生命が輝くことです
男を生かすも殺すも女性の掌中にあり
夫・父親には、妻・母親とは違う役割と責任がある
妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある
男としての生き方を確立しているか
男として女としての正しい生き方を知っておこう
芸能人の家庭生活の話を真に受けてはならない
男と女の違いを理解することが夫婦円満の秘訣
性的興味がない夫について考えておこう
夫も、妻も、我慢すべきことがある
【弱くなった男を支えるのが賢い女性の対応】
男は女に癒されることで能力が発揮される
性的関係の満足度は別れる理由になるのか
男の下半身が弱ってきたら根菜類が効く
気力の乏しい男には、野菜メニュー
男の肉体疲労には強壮・強精食材で活を入れよう
男も女も運動で下半身を鍛えておこう
【知らなかった!と後悔しないために】
結婚とは、現在でも家と家とのつながりである
「結婚すればしっかりするはず・・・」は幻想に過ぎない
女性には「女でいる幸せと母親になる幸せ」がある
いまの男たちは、結婚を人生の終着駅としか考えていない
結婚前に見極めておくべき「性」の相性
見合いをしたがる男たちの心の底には?
結婚したら携帯やパソコンの最低限のルールだけは守ろう
夫の稼ぎに感謝できないと子供の教育もできない
「できちゃった婚」に未来はあるのか?



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP