Menu ▼



メニュー

相性がいいかどうかを単純に推し測る方法

相手が他人からホメられて、うれしいかどうか


「君の彼女、いまどき珍しいしっかりした言葉づかいじゃないか。どっかのお嬢さん?」
こうホメられたとき、うれしく感じるようなら相性はいいでしょう。「へえ、そんな見方もあるのか」とか「わかってないな。ただ気取ってるだけなのに」と思うようなら、相性はたぶん、いまひとつでしょう。



相性とは、性質と息が合うこと


性質が合うとは、相手の個性を好ましく見られるかどうかにかかっています。おしゃべりな女性が「わずらわしい女」に感じられるか、あるいは「退屈しない女性」と思えるか。これが相性を語っているのです。

もし自分が「この女は言葉づかいが美しい」と認めて評価していれば、人からも評価されると、我が意を得たりで、すっかりうれしくなるはずです。「そうだろう。だから素晴らしいんだ」と鼻高々になれます。ところが、もしそう思ってなければ「へぇ、そんな見方もあるのか・・・」「気取ってるだけさ」となるわけです。

息が合うとは、お互いにキスしたくなること


誰でもその人独特の口臭はありますが、その口臭すらも、好ましく思える仲になれるということです。

「いい女だなあ」と単に思うのと、「抱いてみたいな」と思うのとでは、大きな差があります。「抱いてみたい」女性は、たぶん息が合うでしょう。

実例では、太閤秀吉と妻「ねね」が最高の相性


日本の夫婦でとても相性が良かったと思えるのは、太閤秀吉とその妻「ねね」ではないでしょうか。

子どもが出世の武器として使えたあの時代、子供の生めない「ねね」は、離縁されても仕方がなかったのですが、秀吉は「ねね」を生涯大事にし、北の政所として遇しました。浅井長政とお市の方も良いカップルでしたが、戦国時代では秀吉と「ねね」が最高の相性夫婦といえるでしょう。

面白いのは、信長を「ねね」をさかんにほめ、秀吉もそれを喜んでいたことです。また、信長は「ねね」の前で、秀吉のこともほめています。秀吉も「ねね」も、自分の伴侶を他人からほめられ、それを喜んでいた。相性の良かった証拠です。




次は並んで歩くときの状態でわかる


彼女は手をつなぎたがるか、頭をもたせかけるか


肉体面から相性をみるという手がありますが、これはそうむずかしい話ではありません。くだけた言葉でいいますと、要はなじむ相手がどうか、という点を考えればいいわけですから。

たとえば、男と女が仲良く歩いている場合、女性のとるスタイルは5つしかありません。
1つは、手をつなぎたがる女性
2つは腕を組みたがる女性
3つは頭をもたせかけてくる女性
4つは体をピッタリ寄せてくる女性
5つは男の腰に手を回す女性です。

このごろは、5番目の女性が目につきますが、ともかく女性によって好みのパターンは、はっきり違います。
そしてこれは男性も同じで、自分がどうしてほしいか、それぞれ違うものです。

この好みの合う、合わないで、肉体面の相性がわかるはずです。要は、自分に合ったパターンの女性を見つけることが、鍵になります。

これは直感的な問題で、女性でも、ごつい手の男が好きな人と、ほっそりした冷たい手が好きなタイプがいるものです。男の手を見ただけで、この人はイヤ!ということもあります。

女性はこういう点を、細かく見ているのです。







結婚や恋愛に関して女性には絶対言えない男の本音

【男は女性との相性の良し悪しをこうやって見分けている】

相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【T】
相性の良し悪し以前に女性心理の基本を知ることが大切【U】
目ざわりな相手よりももっと深刻な「耳ざわりな人」
歩く速さのテンポやリズムで「生き方」や「人生観」の相性がわかる
部屋の不潔さの感じ方や育ちの違いでも夫婦決裂の危機もある
相性がいいかどうかを単純に推し測る方法
性格が正反対でも不思議とうまくいくカップルもある






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP