Menu ▼



メニュー

相性以前に大事なことは、しっかりした自己分析

自己分析をしないと相手とのバランスがわからない


恋人にしろ、結婚相手にしろ、自分に合うか合わないかを判断するとき、絶対に忘れてならないのは自己分析ということです。

自分のことを棚にあげて「あんな人がいい」「こんな人と結婚したい」というのは、年齢のいかない少年少女が、タレントに血道をあげているようなもので、一人前の女性のすることではありません。



自分の価値を客観的に評価


そのような無思慮な選択をするから、大きな誤りをおかすので、何よりも大切なのは自分の価値に対する客観的な評価です。

すぐれたセールスマンは、自分の扱う商品の長所と欠点をよく知っています。そして顧客の心理もよく研究しています。つまり己を知り敵を知るからこそ、そこから戦術が、戦略が生まれ、戦いを有利に導くことができるのです。

アメリカでは自己価値を判定するテストがある


アメリカには、自分という人間が客観的に見て、どのへんの座評点にいるかを判定するテストがあるようです。

たとえば、年齢についていえば、結婚最適齢期を24歳なら24歳に設定し、その年齢を得点100とします。そして一つ歳をとるごとに1点なり2点なり減点していきます。

このやり方で肥満度、身長、容貌、学歴、趣味、教養などの項目別にモノサシをつくって、自分を測っていく。

そうすると、「3年前は総合判定で満点近かったけれど、いまはもう85点になっちゃった」というのがわかります。そうなると、相手についても、そうそう高望みばかりしていられない。1ランクか2ランク落とさなければならないということが、客観的にわかってきます。

この種のテストがおもしろいのは、自分を判定するだけでなく、ライバルになるかもしれない周囲の同性や、相手の男性をも判定することができることです。

恋人といっしょにやってみて、自分には甘く、相手には辛く点数をつけ、「わたしは85点なのに、あなたは80点。でも仕方がないから結婚してあげてもいいわよ」などと迫る方法もあるでしょう。

偏差値慣れした若者たちは、案外こういう数値化された数字に重きをおくので、予想以上に効果的かもしれません。


大事なのは自分がどの座標点にあるかをつかむこと


大事なのは、自分がどの座評点にあるかをつかむことです。これがわからないと背伸びばかりして、じつは自分にピッタリ合っていた縁談を逃がすことにもなりかねません。あるいは逆に自分を卑下して、つまらない男に引っかかることもあるでしょう。

そんなことにならないためにも、一度は自分というものを、思い込みでなく、具体的な数値として客観的につかんでおく必要があるのです。

それから大切なことは、毎年取り出してみて、年齢修正を行うことです。歳を重ねるごとに美しさなどは減点されていくわけですが、性格は矯正可能だし、セクシー度や趣味、教養は逆にプラスとなるはずです。

自己評価を数値化するクセをつけると、そこから自分をいいほうに変える努力もできるようになり、一石二鳥です。







愛される可愛い女性に恋の女神は微笑む
【自分に合った相手を見つける方法】
「相性」の合わない男との結婚は不幸が見えている
「ふたりの相性」はこの方法でわかる
「ふたりの相性」を見極めるためのチェックポイント
相性には、思った以上に重要なのが育ってきた環境
相性以前に大事なことは、しっかりした自己分析
結婚条件の比重は時代とともに変わる
出会いのチャンスを増やすには自分の属するカテゴリーから出てみよう
見せかけだけの男か、中身のある男か、これでわかる
自分に合った男性を見つける10のチェックポイント






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP