Menu ▼



メニュー

男の下半身が弱ってきたら根菜類が効く

男の精力は下半身の衰えが根本的な原因ですので、この下半身の衰えを取り戻すのに一番効果があるのは、漢方では「八味地黄丸(はちみじおうがん)」が処方されるようです。



これの効果・効能として考えられているのは、昔から、下半身の疲労脱力、多尿、頻尿、前立腺肥大、腰痛、目の疲れ、耳鳴りなど、「腎虚」の症状が見られると使われていたようです。

この「八味地黄丸(はちみどおうがん)」とは、名前のとおり八つの生薬を合わせたもので、地黄(ジオウ)、山茱萸(サンシュユ)、山薬(サンヤク)、沢瀉(タクシャ)、茯苓(ブクリョウ)、牡丹皮(ボタンピ)、桂皮(ケイヒ)、附子末(ブシ末)が主成分となっています。

この八つの生薬のうち、五つまでが地下にできる根の生薬となっていますが、下半身の力を蓄えるには、土地の下にできる植物を食べるのが効果的といわれています。

漢方では、「相似の理論」を応用したもので、この地球上の生物は動物も植物も含め、すべて一つの地球という生命体から生まれたものであるので、たとえ姿や形は違っていても、同じ理屈から成り立っているという考え方です。



人間の体を地球と見立てた場合、上半身は地上を表し、下半身は地下を表すとされるため、下半身の増強のためには、地下にできる地下茎の植物を食べるのが良いという理屈です。

また、松の木を例に上げれば、松の幹や枝葉は、人間で言えば上半身に該当し、松の根は地下にあって、人間で言えば下半身に該当しますが、松が台風や地震にあっても倒れないだけの強さを保つためには、幹がどんなに大きかってもダメで、いかに地下にしっかりした根を張っているかが重要なポイントになります。例え大木になっても、根腐れでもしたら、簡単に倒れてしまいます。

このように考えますと、人間の下半身が弱ってきたら、人の下半身は、植物の根に相当するから、地下茎の植物を摂取して、しっかりした足腰にするのが良いのです。

そのためには、できるだけゴボウ、ニンジン、レンコン、タマネギ、ヤマノイモなどの根採を食べると良いでしょう。
強壮・強精作用に優れた食材は数多くありますが、なかでも根菜類は男性の性力を高めるかっこうの食材なのです。







結婚前にこれだけは知っておこう
女の勘違いが問題だ
夫婦別姓は家庭破壊の元凶
夫婦生活円満の秘訣は二人だけのルールづくり
相性がどの程度合っているかは事前に知っておこう
妻の精神的進歩が止まれば夫婦の会話はなくなる
男と女の「肉体的しくみ」と「性」の違いについて
本当の「性」とは生命が輝くことです
男を生かすも殺すも女性の掌中にあり
夫・父親には、妻・母親とは違う役割と責任がある
妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある
男としての生き方を確立しているか
男として女としての正しい生き方を知っておこう
芸能人の家庭生活の話を真に受けてはならない
男と女の違いを理解することが夫婦円満の秘訣
性的興味がない夫について考えておこう
夫も、妻も、我慢すべきことがある
【弱くなった男を支えるのが賢い女性の対応】
男は女に癒されることで能力が発揮される
性的関係の満足度は別れる理由になるのか
男の下半身が弱ってきたら根菜類が効く
気力の乏しい男には、野菜メニュー
男の肉体疲労には強壮・強精食材で活を入れよう
男も女も運動で下半身を鍛えておこう
【知らなかった!と後悔しないために】
結婚とは、現在でも家と家とのつながりである
「結婚すればしっかりするはず・・・」は幻想に過ぎない
女性には「女でいる幸せと母親になる幸せ」がある
いまの男たちは、結婚を人生の終着駅としか考えていない
結婚前に見極めておくべき「性」の相性
見合いをしたがる男たちの心の底には?
結婚したら携帯やパソコンの最低限のルールだけは守ろう
夫の稼ぎに感謝できないと子供の教育もできない
「できちゃった婚」に未来はあるのか?



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP