Menu ▼



メニュー

男も女も運動で下半身を鍛えておこう

下半身を鍛えるための方法は食べ物と運動の二つが必要ですが、食べ物の効果を促進するためには、運動することも大切な要素です。



ただ男によって、「忙しい」「時間がない」「たいそうな」などと言って、運動を嫌がる人もいるので、無理にあなたが誘ってもむずかしいので、まずは散歩か軽い運度を勧め、あなたも一緒にやってみるのが良いでしょう。

@ ウォーキング

これだけは何かの器具を使う必要はなく、通勤のとき、あるいは通学のときに、バスやマイカーなどを利用せずに、いつでもウォーキングができるのが便利です。

何の準備も泣く、手軽に始められるだけでなく、下半身も同時に鍛えられるという、すぐれた全身運動にもなるのです。

夫には、ウォーキングシューズの高価なものを買ってあげて、職場まで歩くとか、昼休みを利用しては階段の上り下りなど、いろいろと工夫をして歩く時間を見つけることを勧めましょう。

なお、ウォーキングはダラダラ歩いても効果が薄く、最低でも、30分程度はしっかり歩くように勧めましょう。万歩計では、一日1万歩を目指して歩くこと。



A スクワット運動

ウォーキングを続けるためには、晴れの日も雨の日も継続して行う必要がありますが、雨の日もあったりするなど、続けるのはむずかしいものです。

もし、外での運動は面倒くさいと言う夫には、代わりにスクワット運動などを勧めるのも手です。しゃがんだり立ったりを繰り返すだけの運動ですが、下半身の筋肉に大いに鍛えられ、相当な運動量になりますよ。
廊下とか別室でやると、イヤになってきますので、リビングでテレビを見ながらやると、

時間も節約できて効果的な運動になります。
女性のダイエットにも効果があるので、夫と一緒に始めてみてはいかがでしょう。


B ダンベル体操

ダンベルの負荷をプラスすることで、筋力はなお鍛えられています。ダンベルの重さは、男性の場合、最初2キロ程度からスタートし、物足りなくなってきたら徐々にウェイトを増やしていくようにします。

ダンベル体操を行うときは、始める前と後に、手首、首、肩、足首を回して、筋肉をよくほぐしておくことが大切です。







結婚前にこれだけは知っておこう
夫婦別姓は家庭破壊の元凶
夫婦生活円満の秘訣は二人だけのルールづくり
相性がどの程度合っているかは事前に知っておこう
妻の精神的進歩が止まれば夫婦の会話はなくなる
男と女の「肉体的しくみ」と「性」の違いについて
本当の「性」とは生命が輝くことです
男を生かすも殺すも女性の掌中にあり
夫・父親には、妻・母親とは違う役割と責任がある
妻・母親には、夫・父親とは違う役割と責任がある
男としての生き方を確立しているか
男として女としての正しい生き方を知っておこう
芸能人の家庭生活の話を真に受けてはならない
男と女の違いを理解することが夫婦円満の秘訣
性的興味がない夫について考えておこう
夫も、妻も、我慢すべきことがある
【弱くなった男を支えるのが賢い女性の対応】
男は女に癒されることで能力が発揮される
性的関係の満足度は別れる理由になるのか
男の下半身が弱ってきたら根菜類が効く
気力の乏しい男には、野菜メニュー
男の肉体疲労には強壮・強精食材で活を入れよう
男も女も運動で下半身を鍛えておこう
【知らなかった!と後悔しないために】
結婚とは、現在でも家と家とのつながりである
「結婚すればしっかりするはず・・・」は幻想に過ぎない
女性には「女でいる幸せと母親になる幸せ」がある
いまの男たちは、結婚を人生の終着駅としか考えていない
結婚前に見極めておくべき「性」の相性
見合いをしたがる男たちの心の底には?
結婚したら携帯やパソコンの最低限のルールだけは守ろう
夫の稼ぎに感謝できないと子供の教育もできない
「できちゃった婚」に未来はあるのか?



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP