Menu ▼



メニュー

自分より品格やレベルがワンランク上の相手を探そう

男でも女性でも、ある時期に突然自信を失うことがあります。男でいえば、学生時代はよくできたのに、社会に出たとたん、優秀な先輩がバリバリ働いている姿に圧倒されて自分を見失ってしまうのです。

女性の場合は顔の美醜というより、洗練された先輩の様子を見て、「やっぱり育ちが違うのかなあ?」と漫然と自己不信に陥ることが多いものです。

仕事は男勝り、英語もペラペラ、ホテルのレストランでも堂々とマナーどおりの食事ができる、という先輩の姿を見ると、地方女子大出の女性では、とうてい太刀打ちできないと思ってしまうのでしょう。こんなときほど危険なことはありません。男も女性も互いに異性を探し求めるときに、自分よりレベルの低い相手に目をつけてしまうからです。



付き合う男のレベルを落とすと、センスや品位まで下がる


たしかに自分よりレベルが低い相手のほうが、なにかにつけて便利だし優越感をもつことができます。しかし、それをつづけていると、顔から話し方、行動までが低くなる恐れがあるのです。とくに女性にとってもっとも困るのが話し方です。年齢の上の人と満足に言葉を交わすことができなくなるからです。

恋愛で心を高め、ベッドインで欲望を満足させるというのが、結婚までのもっとも正しい過程でしょう。それを恋愛中から心やセンスを低めてしまうのでは、自分自身の価値が失われてしまいます。

では、なぜそんな男なり女性なりと、つき合い続けるのでしょうか? それは安心感が得られるからです。「朱に交われば赤くなる」のたとえどおり、同色のなかにいると誰でも安心できるからでしょう。

しかし、この諺は、なにも悪い仲間とつき合うと自分もそうなっていく、という意味だけではありません。上流の人々と交わっていけば自分もそうなっていく、という積極的な意味もあるのです。これを「棲み分け」といい、誰にでもある生き方です。


自信がなくてもワンランク上の男と付き合うと価値が上がる


よしんば自信がなくても、ワンランク上の男とつき合ってみると、いつの間にかそれが当然となり、それだけ自分の価値が上がります。わかりやすい例でいえば、同じラーメンでうまいものがあれば、まずいものもあります。一度おいしいラーメンを食べれば舌が味を覚えていて、できれば二度とまずいラーメンは食べたくなくなるのです。

もし、自信がない時期につき合い出した相手と現在でも関係が続いているようなら、それはそのままにしておいて、もう一人でも二人でも違う相手とつき合うことです。女性は一度に一人の男としかつき合えない、などという考えは捨てましょう。

それよりも、自分より上位の相手を探すのです。実際、相手がゼロのときに上位の男探しをすると、断られたときの打撃がさらに大きくなるので、とりあえず恋人が一人いるときのほうが安全です。断られたとしても実害がないからです。

バーやクラブの女性のなかには、
@ いつでも相手をしてくれる若い男
A 高級な場所に遊びに連れて行ってくれる男
B ぜひとも結婚したい男
この3種類の男と巧みにつき合う人が少なくありませんが、素人のOLだって同じつき合い方をして悪いわけはないのです。








結婚で失敗しない女性になるには

【今の恋に自分のすべてを賭けていいの?】

恋愛は自分の生き方や考え方が反映してできあがる
反対された恋について考えてみよう
マイナスの恋には強い意思力が必要
恋愛体質が恋愛の美しい思い出を作る
一瞬の感性が思いがけない愛を生む
社内恋愛からの結婚は離婚率が低い
時間をかけた愛は育つが急いだ恋は破れやすい
女性ももっと恋愛に貪欲になろう
女性は男をジラし焦らせることも必要なテクニック
自分より品格やレベルがワンランク上の相手を探そう
恋愛の苦しみと歓びがわかってこそ人間に深みが出る






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP