Menu ▼



メニュー

長所も短所も受け入れられる包容力のある男をさがそう

以前なら恋愛の最初の主導権は、男性が握っていました。

いまの人は、誰でも自分の位置をよく知っています。小さいころから塾でテストをやらされてきたうえに、それによってクラス分けされてきたからです。

極端にいえば、相手の男性の学歴と浪人歴、それに就職先さえわかれば、どのレベルでこれまでやってきたか、一目瞭然です。




結婚は、長所だけでなく欠点も言って受け入れる人と


なまじ威張れば、笑い者になることも、実によく知っています。これは男性だけでなく、女性もほぼ同じでしょう。そうだとすれば、長所だけでなく、短所も積極的にいったほうが、彼も安心できるのではないでしょうか?

恋愛は、なにも大学受験でもなければ、就職試験でもありません。頭のいいところを見せたからといって、どっと男たちが押し寄せてくるわけではないでしょう。

むしろおバカキャラの木下優樹菜ではありませんが、欠点があったほうが、愛されることは間違いありません。

よく「いい男がいない」という女性の言葉を聞くことがあります。たしかにそうかもしれません。

しかしいまの世の中は、早くからクラス分けされているので、トップクラスは、就職でも結婚でも、あっという間に決まってしまうのです。

これだけは、どうしようもありません。でもよく考えてみましょう。いい男たちが早く決まるなら、いい女たちも早く決まっているはずです。

女性だけが、なかなか決まらない、ということは絶対ないのです。ということは、ややムリな望みを抱いている女性たちが多い、と考えられます。

高望みをせず、気楽な相手を探そう


むしろ、長所だけ売るのではなく、短所も見せることで、くたびれるような結婚相手は、やめたほうがいいと思いませんか?

もちろん、ややレベルの高い相手に巡り合えるなら、そのほうがいいに決まっていますが、そればかり狙っていると、結局なかなか結婚できず、とどのつまりが、情けない男と一緒になる、という危険性があるでしょう。

最近の離婚状況から見ますと、結婚相手に気楽な男を探すほうがうまくいくような気がします。

そのためにも、女性側から積極的にマイナス部分を出すことです。テレビを見ていると、ほとんど自虐的なネタを暴露する女性タレントや、出演者がふえています。

それが男性陣によろこばれているところを見ると、いい男さがしをしている女性のほうが、時代遅れに思えてなりません。

苦しければ、笑い飛ばして切り抜ける夫婦のほうが、頭でっかちの夫婦より、意外にうまくいくのではないでしょうか?

新しい男さがしの視点だと思います。







間違いのない男の選び方

【新しい視点から結婚相手をさがそう】

女性から誘ったほうが選ぶも捨てるも主導権がもてる
長所も短所も受け入れられる包容力のある男をさがそう
結婚は「おれ、ぼく、私」の使い分けのできる彼
結婚には外向的な男性のほうが安全
「トク」のある男性なら結婚して損はない






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP