Menu ▼



メニュー

同棲でがんじがらめにして男を逃げられなくする

同棲にはプラスとマイナスがあります。彼に強いられる形で、女性の部屋で同棲が始まるのは、おおむねマイナスです。

途中でイヤだと思っても、彼が出て行かないかぎり、不本意の同棲生活をつづけなければならないからです。



同棲するなら彼の部屋で


その点、女性が彼の部屋で同棲をスタートした場合は、条件的にプラスです。どうしても気が合わなくなれば、自分の家に戻ればいいのですから。

ふつう、同棲は成り行きでそうなる、といわれます。一緒に飲んでいて「一緒に暮そうか」「それはいいね」と、どちらからともなく言い出すことが多いとか。

あるいは女性の部屋でベッドインしたあと、いちいち帰るのが面倒になった男が、「泊まっていくかなあ」「そうしてよ」といった形で、ズルズル同棲になっていくようです。

同棲で問題になるのは、男が出て行かないこと


同棲でよく問題になるのは、ほとんどの場合、男が出て行かない、というものだそうです。

同棲はテクニックです。男性を逃げられなくするための網のようなもので、いかにいい男を、そこに追い込むかを工夫すべきなのです。

反対に、あなたの目に叶っていない男性との同棲など、間違ってもしてはなりません。同棲はたしかに一面では、女性に危険です。しかし同時に男にとっても、賭けのようなものです。


同棲するならしっかりした企業に勤めている彼と


特にしっかりした企業に勤めている男性ほど、トラブルが会社に伝わるのを怖がります。かりに一方的に同棲を解消したことが、女性からの訴えで会社に分かったとしたら、下手をしたらクビです。

だから女性が同棲してもいい彼は、一流大企業や堅実な中小企業にかぎります。ところが、そういうことはまったく考えずに「彼が好きだから」という愛情本位で、同棲してしまいます。

同棲は愛情の発露でスタートすると、必ず失敗します。もっと冷静に、それこそ結婚と同じくらい大事に考えなくてはいけません。女性にとって一大事業です。

だからこそ、同棲の実行は、あなたの願望の成功にならなくては、意味はないのです。

結婚の前段階として、足入れ婚のようなもの、と考えていいでしょう。

足入れ婚は、農家の忙しい時期に、先に体だけ婚家に入り、一緒に働きつつ、半年後に結婚披露をする、という形式でした。

同棲もいわば、その形式であり、どんなに長くても一年で挙式または入籍する、ということが大切です、それまでは未入籍で支えるというもので、もちろん、できちゃった婚もあります。

一度、同棲をプラスの面から、よく研究してみることが大切です。







間違いのない男の選び方

【少しでもいい結婚相手を虜にしたいのなら】

あなただけの「結婚相手の基準」をつくっておこう
同棲でがんじがらめにして男を逃げられなくする
年長の男性とつき合うことで「つまらない男」が分かる
流行の先端を走る男性には、「いい男」がいる
彼にすべてを任せることで、男の本音を探る






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP