Menu ▼



メニュー

女性から誘ったほうが選ぶも捨てるも主導権がもてる

以前なら恋愛の最初の主導権は、男性が握っていました。

男性と女性には性役割というものがあり、積極的なことはすべて、男性がしなければなりませんでした。ところが女性の社会進出につれて、いつの間にか性役割がなくなってきたのです。

たとえば育児は女性の役割でしたが、いまは主夫役の男性が引き受けている家庭も、少しずつですが、目立ちはじめ、性格的にも弱い男性が出はじめています。近ごろでは恋愛のできない男性がふえていますが、女性に声一つかけられません。




男性が弱くなったため女性が主導権をとる必要もある


そこで、女性から誘わないと、恋愛がはじまらない、という状況になってきました。
こういうと「私には誘えない」と思う女性もいるでしょうが、実際には、むずかしいことではありません。

SNSを活用するのもも手


というのも、以前であれば、口で誘わなければなりませんでしたが、いまはメールという武器があります。ツイッターにも、ダイレクトメッセージという内容の通信方法がありますし、面と向かって、恥ずかしい思いをしないですみます。

こういう手段なら、あなたも使えるのではありませんか?

また誘うといっても、「デートしていただけませんか?」という必要はありません。こういうメールを送ったら「ホテルに一緒に行ってください」と誘われたとカン違いする男性も、大勢いることでしょう。

「デート」にはその日の肉体関係も含まれている、と考える人が多いようで、ただの食事であれば、「食事、ご一緒できませんか?」で、十分だからです。
言葉というのは、耳で聞くときは、あいまいなものですが、メールになると、あいまいさはなくなります。

もちろん、ホテルも一緒という意味を込めて、「ゆっくりデートしたいです」というメールを送るのも、悪くありません。

その前段階として「一度飲みに連れて行ってください」とか「チケットが手に入ったので、コンサートご一緒していただけませんか」といったメールは、いまでは当たり前となってきました。

それをいつまでも、白馬の騎士の誘いを待っているようでは、時代に合いません。

また誘いを待っているうちに、さっと横から手が伸びて、彼をさらっていってしまうでしょう。それほど積極的な女性がふえてきた、ということです。

その代わり、自分から誘っているのですから、捨てるのも積極的にしなければいけません。ダメだと思ったら、即座に別れればいいのです。

何事も、ぐずぐずするのが、よくなくなってきたのです。時代が、そういう恋愛形式にしたのだと、思いましょう。







間違いのない男の選び方

【新しい視点から結婚相手をさがそう】

女性から誘ったほうが選ぶも捨てるも主導権がもてる
長所も短所も受け入れられる包容力のある男をさがそう
結婚は「おれ、ぼく、私」の使い分けのできる彼
結婚には外向的な男性のほうが安全
「トク」のある男性なら結婚して損はない






外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢




おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP