Menu ▼



メニュー

女と男の「友達意識」の違い

多くのオスの動物が召すに交尾をせがむ時に、豪華な餌や巣などを提示します。そしてこれを受け取ることが「交尾OK」のサインになります。



プレゼントを受け取ってもらったオスはさっそくメスにまたがります。さて、プレゼントの質が悪かったり、オスを気に入らないと、メスは当然プレゼントを受け取りません。もしろん、これは人間も同じです。

しかし、人間はもっと計算高い生き物です。男性は女性に肉体関係を断られたとしても素直には引き下がりません。彼女がもらってくれるくらいの些細なものをプレゼントし、肉体関係など考えていないように振る舞い、あきらめずに投資しようとします。

いくら投資力が優れていても、もらってもらえなければ肉体関係にまで持っていくことは到底できません。


例をあげると、あなたが見知らぬ男性から100万円のダイヤの指輪をプレゼントするといわれても受け取れないのに、街角のティッシュペーパーなら簡単にもらえるでしょう。100万円の指輪をもらったりすると、その後何を要求されるか分からないので受け取れないというわけです。

だから男性は女性に些細なプレゼントを多くしようとします。長電話の相手だったり、恋愛相談だったり、送り迎えだったり、暇つぶしだったり、女性がもらっても困らないプレゼントをするのです。

つまり、これくらいのプレゼントなら恋人ではなく、友達として認めてもらえるレベルのぎりぎりの線のものを贈り続けるのです。


しかもこのプレゼントなら複数の女性に対してでも大丈夫。「友達だから」を前面に出せば、相手も気安く受け取ってくれます。しかし、男性は密かに、そのプレゼントがちりも積もれば山となることを願っています。

そして女性にプレゼントをもらうことになれさせて、自分に依存させてしまおうとたくらみます。しかも、このたくらみがバレないためにも、「友達として」つき合うことを最前面に押し出してあなたとつき合うでしょう。



一方女性は友達としてつき合うことにより、返さなくてもいいプレゼントを数多くもらうことができます。いわゆる「ねこばば」です。
そしてもらっている本人も、どうして男性が自分にいろいろしてくれるのかは、結局、自分と関係を持ちたいからと、ということを心の奥底では分かっているのです。

しかし、それを認めると自分は「ねこばば女」として良心の呵責に耐えられないので、「彼はいい友達」と思い込むのです。

この発想は男女とも有益といえます。男性にとっては友達としてプレゼントをもらってもらうほうが得だし、女性にとっても友達と思えばただでもらっても罪悪感にさいなまれずにすみます。この「お互いに得」という点から、女と男の友情という架空の感情が生まれるのです。

それが証拠に、男性は生殖可能年齢(妊娠が可能な15〜45歳)が過ぎようとする40代、50代の女性と友達関係を結ぶ人はほとんどいません。
これが、男女の友達関係に、肉体関係が必ず介在する動かぬ証拠なのです。








恋愛上手になるためのヒント
男は女の性格を見抜けないようにできている
男は幼稚な女に弱い
出会い上手な人ってどこが違うの
別れた恋人とよりを戻したいのなら
間違いだらけのファッションとメイクの大検証
男の射程距離に入るためのテクニック
女と男の「おごること」や「割り勘」の意味の違い
女と男の「誠意」や「優しさ」の違い
女と男の「友達意識」の違い
女と男の「惚れやすさ」の違い
男の「好き」と「愛している」との違い
女と男の「会話」の違い【T】
女と男の「会話」の違い【U】
女と男の「浮気」の違い
男が考えている「本命」と「セカンド」の扱い方の違い
男の「出世」と「浮気」の相関関係
女と男の「価値観」の違い
女と男の脈ありサインの違い
女と男の好む色の違い
女と男の声の違い
女と男の嫉妬の違い
女と男の嘘の違い
女と男の未練の違い



外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP