Menu ▼



メニュー

どの恋も長続きしない女性は男運がない

男運の悪い女性のなかには、男から見たら「当然だな」と思ってしまえるようなタイプの人が少なくありません。



外見も悪くない、素直でおとなしい性格だと思っていたのに、つき合い始めてから途中で豹変するタイプがいるものです。


既婚男性にはこのことがよく分かると思いますが、「結婚当初は初々しく可愛かったのに、数年もたつと口が悪く夫を夫とも思わないような毒舌を吐くようになる」というものです。女性は豹変してしまうのです。

結婚前の女性だって二人でいることに慣れてくると、内に隠していた本来の性格を見せ始めます。それに、男は大きなとまどいを覚えるのです。

男運を悪くしないためにも、彼と知り合った頃の姿を守り抜くにかぎります。特に男に対して「文句を言わない」ことが、もっとも大切でしょう。


これにかぎらず、女性は誰でも男運が悪くなる可能性を持っています。
最初はうまくいっていても、途中から飽きられたり嫌われたりすることが、十分予想されるからです。



しかしそのきっかけはたいてい、実に些細なことなのです。
ひとつは、女性が小さなことにも「主導権を持ちたい」と思うようになることです。


たとえばベッドイン後の、女性からの「よかった?」という一言です。
これは女性にしてみれば当然でしょう。自分も十分サービスしたのですから。

しかし、男は当然とは思いません。もともと男は、主導権を自分が持っていなくては気がすまないものですが、こう尋ねられると、主導権がすべて女性にあるように聞こえてしまうからです。さらに、それが毎回のこととなると、
「うざいなあ」
という気持ちになり、しだすにベッドインが面倒になってしまいます。

また、小さな「すれ違い」も原因になります。

たとえば、男は、最初のうちはカラオケで女性の歌を聴き、素敵な声だなあと魅力を感じても、親しさが進むうちにその感動が薄くなります。

ところが女性はそうは思いません。歌を聴かせることがサービスだと信じています。

こうした小さなすれ違いが、次第に深い溝になっていくのです。

女性の男運をよくして恋愛を長続きさせるためには、男があなたに惚れた最初の印象を大切にすることであり、たとえ猫をかぶったものであっても、最後の墓場に入るまで猫をかぶり続けるぐらいの覚悟が必要です。









男運は女性の生き方を反映
【男運を呼び寄せるルールを知ろう】
男が本気になる女、遊びで終わる女、その分岐点は?
男が夢中になるのは、思い通りにならない女性
どんな人の前でも柔らかく包み込むよう笑顔が大切
男は体を丸く縮めるような女性を愛おしく思う
悪い男を寄せつけないオーラを発するのには
【男運がない人は自分で遠ざけている】
どの恋も長続きしない女性は男運がない
男友だちは大勢いるのに男運がない女性とは?
「最近、男性の肌に触れていないよ」という女性は男運がない
「周囲にいい男っていないものね」が口癖の女性は男運がない
同性からは人気があるのに、なぜか男にモテない女性は男運がない
束縛し合わない恋愛が理想だと思っている女性は男運がない
彼女がいる男をいつも好きになってしまう女性も男運がない
ちょっとイマイチな男だけにモテる女性は男運がない
彼に「お前」と呼ばれる女性は男運がない
次々と「新しい彼氏」を見つける女性は男運がない
【男運を悪さの原因は些細なことから始まる】
男運に見放される「6つの理由」
自ら悪い男に身を投じてしまう女性とは
「満月の夜」は狼男が出やすいので外出は要注意
男に頼りたくなる女性は、男運を下げてしまう
美人で知的な女性ほど、マザコン男につかまりやすい
いつも食い逃げされて弄ばれている女性は、要注意
同じタイプのダメ男にいつも失敗する女性は、要注意
男運の悪い女性はベッドインの前の確認を忘れている



 外部関連サイト
【結婚できる女性を目指そう】
男と女の恋愛、結婚、デート、婚活の心理学
結婚できる女性・できない女性の特徴と恋愛モテ講座
女性としての気づかいとマナーでモテ力アップを目指せ!
男性の恋愛心理を知って好きな彼をゲットしよう
結婚できない女性は意識改革を
間違いのない結婚相手の選び方・選ばれ方
婚活での出会いから結婚までのアドバイス
できれば玉の輿に乗ろう
【結婚相手を占ってみよう】
生年月日でわかる運勢・性格・相性・方角占い
女性のための血液型診断・占い
生まれ日で分かる性格診断
生まれ年(干支)と生まれ月でわかる性格・運勢・相性占い
【12星座+血液型】による性格・仕事・恋愛
ズバリ当たる無料の恋愛・相性・結婚占い
怖いほど当たる四柱推命の性格、相性、結婚
姓名判断の画数による命名・恋愛・相性・運勢





おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP