Menu ▼



メニュー

男運の悪さは6つの生活習慣から作られる

★男運の良し悪しは、運命や運勢といわれるものと同じで、毎日の生活習慣から生じてくるものです。

ここでいう生活習慣とは、毎日の食べ物や嗜好、その人の考え方や哲学、あるいはファッションや化粧なども含め、その人が毎日、深く認識しないまま、自然に行っている生活体系を指します。

具体的にいえば、毎日の喫煙や肉食をやめられない人は、確実にガンの危険性と同居しています。車に乗り続けている人は、乗っていない人より、交通事故に遭う確率ははるかに高いでしょう。それはタバコや車がその人の生活習慣になっているからこそ、その生活をやめないかぎり、危険性は続くのです。



男運の悪さは生活習慣から


男運の悪さも生活習慣が引き起こすものですが、それでは男運はどういう理由で下降するのでしょうか?
特に最初の3つが問題になります。

男運の悪さも生活習慣が引き起こすものですが、それでは男運はどういう理由で下降するのでしょうか?

@ 夜遊び好き
A 孤独に耐えられない
B お人好しである
C 自分自身に教養がない
D 悪い仲間に属している
E 別れる決断力がない


この6つの理由があげられます。もちろん例外はありますが、男運が悪くなるきっかけのほとんどはこの6つの危険の中に潜んでいる、と思っていいでしょう。

特に最初の3つが問題になります。

@「夜遊び好き」の女性は、華やかさにあこがれますから、とにかく金がほしくなります。ここに大きな危険が待っているのです。

A「孤独に耐えられない」女性は、どうしても男性を求めます。肉体関係が目的でなくても、異性と話していないと、寂しくて仕方ありません。当然のことながら、そこに油断とスキが出てきます。

B「お人好し」の女性も、男運の悪さにつながります。あまりにも善良すぎて、他人につけ込まれるからです。トラブルに巻き込まれる女性の半数以上は、お人よしな性格だ、という調査結果もあるほど騙されやすいのです。

そのうえ、普通の女性なら騙した男を憎むものですが、このお人好しタイプは騙された自分が悪かったのだと、相手の男を許してしまいます。こうして、一生男運の悪さが付いて回る、というめぐり合わせになっています。

以上、3つの理由が特に面倒なのは、もともとの性格だけに、一朝一夕で直しようがないからです。しかし、根本的に性格を変えないと、いつ男運の悪さに襲われるか見当がつきません。

これに対してC、D、Eの3つの理由は、どれも性格ではありません。それだけに努力すれば、男運の悪さの半分ぐらいは解消されるのです。

C「教養がない」と、どうしてもレベルの低い男たちとつき合いがちです。自分で自分のランクを落としてしまうのですが、それは上位の人と話す自信がないからでしょう。

しかし教養は、自分の努力で身につけることができますし、また身につけなければ大きな損です。

この教養のなさも災いして、D「悪い仲間と行動する」という危険性もあります。女性のなかには、好奇心もあってほんの一時期、そんな仲間に加わる人もいますが、これが男運に大きく影響するのです。

というのも、場合によっては、そう簡単に仲間から離れられないことがあります。あるいは、悪い仲間によって女性の体に刻まれた記憶が、忘れられなくなるのです。

悪い仲間と性的な関係が続くと、女性の体質が変わってしまうことがあり、ときには性的趣味が異常になったり、普通のサラリーマンがつまらなく思えたりするなど、次第に男運を下げてしまいます。

また、仲間が悪いと勉強しなくなる恐れもあり、それ一つとっても、いい運が離れてしくことでしょう。

もう一点、男運の悪さが続く理由はE「別れる決心がなかなかつかない」という優柔不断さです。これも性格というより、むしろ習慣です。あるいは、彼を失う怖さに耐えられないといえるかもしれません。

男運の悪い女性ほど「なぜその男と別れないのか?」と不思議に思うほど、低レベルの男にしがみついています。これでは、一生ヒモ的な男から逃れられないでしょう。




男運がない女性の特徴(24記事)
男運の悪さは6つの生活習慣から作られる
「満月の夜」は狼男が出やすいので外出は要注意
男に頼りたくなる女性は、男運を下げてしまう
男運の悪い女性はベッドインの前の確認を忘れている
失恋時や離婚時に、自分から男性に近づくと男運を下げる
男運が悪い女性は、相手の波長に合わす努力を
「もう、おばさんだから」は男を寄せ付けない


おすすめサイト


Copyright(c)2015 結婚相手、今の彼で本当にいいの? all rights reserved.
  △TOP